「3世代アイドル」防弾少年団が引っ張り、VIXXが押す…「日本の韓流は健在」

「3世代アイドル」防弾少年団が引っ張り、VIXXが押す…「日本の韓流は健在」

2015年03月03日16時27分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
防弾少年団(上)とVIXX
  日本の韓流に対する心配の声は多い。だが、危機すなわち機会だ。今まさに装填を終わらせた3世代韓流アイドルが日本韓流という標的地に向かって引き金を引く準備を終えた。

  日本の韓流は明らかに危機だ。政界から反韓流気流が巻き起こり、K-POP歌手の日本国内放送活動に制約が生まれた。KARAなど最上級アイドルでない以上、放送出演は夢のまた夢だ。

  巨大なファンダムでその地位を占めていたK-POPが隈に追いやられているという感じまで受ける。日本の韓流にも危機が訪れた。

  韓流専門家も「明らかに日本国内の韓流熱気に対する体感温度が落ちた」と、その立場を一つにしている。だが、「韓流の火種まで消えたのではない」と伝える。先輩歌手の光栄再現をねらう後輩の悪戦苦闘のおかげだ。

  現在、日本市場の門を叩いているのは3世代アイドルだ。良好なコンテンツと浸透戦略だけで装着されたとすれば、韓流はいつでも再び燃え上がる可能性があるという分析だ。

  その主人公であり適任者ではVIXXと防弾少年団が挙げられている。実際にVIXXと防弾少年団は3世代韓流スターとしての可能性を見せている。VIXXは昨年、日本でコンサートを開催して全席完売し、1万人余りの観客を動員した。そして、今年4月には横浜と神戸で2回目単独コンサートを開催する予定。

  2月に日本4大都市ツアーを開催した防弾少年団も2万5000人余りの観客を動員して、尋常でないチケットパワーを見せた。2チームともに日本で正式デビューして1年にもたたない状況で出した成果ということで、より一層注目するに値する。

  現地メディアはVIXXと防弾少年団を今後の活動が期待されるチームに選ばれた。YGの2014年ヒット商品WINNER(ウィナー)とJYPの希望であるGOT7(ガットセブン)など主流韓流システムで作られたグループに対する関心も高い。

  特に、防弾少年団はフィリピン・シンガポール・タイで開催したコンサートは全部完売を記録し、日本を除いたアジア地域でも韓流新星に成長していきつつある。2014年にはドイツ・スウェーデン・ブラジルでファンミーティングを開催して欧州と南米地域進出のための足がかりづくりをしている。

  VIXXやはり同じ年、ベルリン・パリ・スウェーデンなどをめぐるグローバル・ショーケースを開催した。2チームの欧州活動はまだ足踏み状態で、生半可に成否を論じることはできない。

  だが、叩けばドアは開かれるだろう。

  今の韓流は心肺蘇生術が必要な時点であることを否定できない。K-POPスターに対するバブルが消えて実体だけ残ったと見ている極端な見解も存在する。だが、ゴールデンタイムを逃してはいない。

  3世代アイドル製作者はすでに従来と違った戦略を悩み始めた。昔のようにアルバムをもって「とにかく行ってみよう」式で海外市場に出て行かない。該当国家の好みと関心度を分析していわゆる「受け入れられるコンテンツ」を準備する。韓流に疲れたような日本人がまだK-POPスターのコンサート場を訪れる理由はこのようにますます進化するコンテンツにあるだろう。

  一息ついた後、もう一段階成長した韓流の明るい未来を期待してみてもいいだろう。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事