安倍首相、また強弁…韓日・日中首脳会談不発の責任転嫁

安倍首相、また強弁…韓日・日中首脳会談不発の責任転嫁

2014年01月07日08時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の安倍晋三首相は6日、韓日・日中首脳会談について「困難な課題や問題があるからこそ前提条件をつけずに首脳同士が胸襟を開いて話し合うべきだ」として「韓国や中国も同じ姿勢をとってほしい」と話した。

  三重県の伊勢新宮を参拝した後の年頭記者会見からだ。記者からの「朴槿恵(パク・クネ)大統領は(会見で)首脳会談のための十分な準備を強調して日本が韓国側にアプローチすることを要求した。韓国・中国との首脳会談のために何をするのか」という質問に彼は「対話の扉は開いており、首脳会談をしたいという話はすでにしてきた」などと答えた。

  靖国参拝による混乱を自身が起こしておいて、まるで首脳会談不発の責任が他国にあるように押し付ける姿だ。それと共に「(靖国参拝に対する)私の真意をぜひ直接、誠意を持って(韓国と中国に)説明したい」とした。

  安倍首相は全世界からあふれる批判を避けようとしていた。全ての発言からは「もう二度と戦争の惨禍に苦痛を受けることのない時代を作らなければならない」「(日本は)アジアの友人、世界の友人らと共に、世界全体の平和の実現を考える国にならなければならない」と強調した。靖国参拝直後の会見で明らかにした弁解をまた繰り返したのだ。

  その一方で、平和憲法の改正や集団的自衛権の行使推進に対する意欲は隠さなかった。「制定されて68年が過ぎた今、時代の変化を受け入れて(憲法)解釈の変更や改正のための国民的議論をより一層深めなければならない」として「韓国や中国などにも丁寧に説明すれば、理解してもらえると確信する」と主張した。さらに「世界の平和と安定のために、今まで以上に積極的な役割を果たしていく」と話した。

  「アベノミクス」と呼ばれる自身の経済政策については自画自賛が続いた。彼は「1回表ノーアウト満塁(の危機)にマウンドに上がり、私が信じる球を最大限に投げ入れた」として「日本経済はマイナスからプラスに大きく変わり、危機はどうにか乗り越えた」と話した。引き続き「1回裏である今年は、デフレーション脱出という(のは)勝利のために攻撃する番だ」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事