韓経:【取材手帳】日本にはない韓国の「リサイクルゴミ大乱」

韓経:【取材手帳】日本にはない韓国の「リサイクルゴミ大乱」

2018年04月04日08時59分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本特派員として赴任した当時、生活ゴミ処理問題で慌てた記憶が今でも鮮やかに蘇る。韓国のアパートに該当する日本のマンションの生活ゴミ収集所には「可燃ごみ」と「不燃ごみ」の表示だけがぽつんとあった。ヨーグルトの入れ物やプラスチック素材の弁当ケース、各種ビニール類と紙牛乳パックをどのように処理するべきか、生ゴミはどこに捨てるのかをめぐり、しばらく隣人の様子を伺う日々が続いた。

  韓国で分別して出す生活ゴミの大部分が日本では「可燃ごみ」に分類されて焼却処理される。初めは日本社会が環境問題に無感覚で制度が後進的だと思った。ところで、こういう日本のゴミ処理システムを振り返るきっかけになったのが、最近韓国で起こっている「リサイクルゴミ大乱」事態だ。

  日本では収集および処理が便利なプラスチックのボトル容器やガラス瓶類、アルミニウム缶をはじめ、新聞や大型包装ボックスのように規格化された紙類だけをリサイクルの対象にしている。ミネラルウォーターや飲み物を入れたプラスチック容器はラベルを除去した後、指定された場所に捨てるようにしてリサイクルにかかる手間を減らす。リサイクル効率が高い物だけを集中的にリサイクルしているのだ。

  反面、韓国では大きさも形も違う物を捨てる時、原材料がプラスチックなのかビニールなのか紙なのかを確認して別々に捨てなければならない。苦労して分別したゴミがまともにリサイクルされるかどうかは関心外だ。どのゴミに分類するべきなのか分かりにくい材料も少なくないせいで、「これはリサイクルゴミなのか、そうではないのか」をめぐり、マンションの警備員(管理人)と住民の間で神経戦が繰り広げられることもしばしば見られる。苦労して分別した生ゴミにも異質物が入っているのが常で、傷んだ食べ物が少なくない。飼料として使うことができないことはもちろん、土壌塩分を高めて堆肥として利用するのも難しいという。

  日本の生活ゴミリサイクル政策が欠点が全くない「理想的な対策」ということはできない。だが、韓国よりは合理的・効率的だという点を否定するのは難しい。過度に細分化されている高費用・低効率の韓国ゴミリサイクルシステムを、この際、再検討してもらえればと思う。

  キム・ドンウク/東京特派員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事