日帝強制占領時の強制徴用労働者宿舎に存廃議論=韓国(2)

日帝強制占領時の強制徴用労働者宿舎に存廃議論=韓国(2)

2016年04月08日09時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  列社宅は、古い外観などで都心の荒れ地になりながら近隣住民たちは「すぐに撤去して開発すべきだ」と主張している。火災発生の危険性が高い上に、地域がスラム化して被害が大きいから撤去しようということだ。富平区は2018年までに45億ウォンをかけて三菱列社宅の住居環境を改善する「過疎地域事業」を推進している。人が暮らしている住宅はリフォームと一部の空き家などは撤去して、共同トイレやコインランドリー、共同作業長などにする事業だ。

  学界の要人を中心に「列社宅の歴史性を保存すべきだ」という声もある。誠信(ソンシン)女子大学のソ・ギョンドク教授研究チームは最近「三菱列社宅の前に案内板を立てる」と発表した。強制徴用の歴史を後世に伝えるべきだというのがソ教授側の主張だ。

  列社宅に住む住民は「人が暮らしている場所を観光地にする」として反対している。列社宅で20年暮らしたというある住民は「一日に何度もカメラをもった人々が訪ねてきて家の周辺を撮る中で、生活にならないほどだ」として「案内板までできたら、そんなことがもっと増えることではないのか」と語った。実際、列社宅はメディアに紹介された後に訪問客が増えて住民たちが生活に支障をきたしていると吐露しているという。ソ教授側は先月30日に説明会を開いて趣旨を説明した。

  だが全住民のうち12人だけが参加した上に、賛否が交錯して結論を出せなかった。金正薫(キム・ジョンフン)富平歴史博物館学芸研究家は「趣旨は良いが、住民たちとの共感が形成されていない状態で推進される中で反発を買うことになったようだ」として「いまだに社宅に人々が暮らしているだけに、慎重なアプローチが必要だ」と話した。富平歴史博物館は専門家たちが参加する富平地域の歴史記録作業をしているが、列社宅住民らの反発で、富平2洞のほかの地域から研究に着手することにした。

  ソ・ギョンドク教授は「時間がかかっても住民たちに『歴史性の保存などのために案内板の設置が必要だ』という立場を伝え続けて説得する予定」と話した。

日帝強制占領時の強制徴用労働者宿舎に存廃議論=韓国(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事