韓国の論文数は世界12位…引用回数は32位

韓国の論文数は世界12位…引用回数は32位

2015年10月21日09時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「1%論文」で見たグローバル大学、国内大学
  韓国は論文数で世界12位だ。韓国研究財団によると、2013年1年間で国内研究者が発表した国際学術誌論文(SCI)は計5万1051本だ。では論文の質的な面はどうだろうか。国内研究者が発表した国際論文の被引用(他の研究者の論文に引用された回数)は平均4.55回で世界平均(5.32回)を下回る。国家別順位では32位にとどまっている。

  論文本数は多いが、後続研究を刺激するような優秀な論文は多くないということだ。韓国主要大学もほぼ似たような状況だ。韓国研究財団が、2003~2013年に発表された国際論文のうち、被引用が分野別上位1%に入る論文(1%論文)約12万本を分析した結果、世界の名門大学が出す研究結果で「上位1%論文」の比率が高かった。米国マサチューセッツ工科大学(MIT)は全体論文5万851本のうち5.15%の2617本が「1%論文」だった。半面、韓国を代表する理工系大学のPOSTECH(浦項工科大学)とKAIST(韓国科学技術院)はそれぞれ1.58%(207本)、1.34%(269本)だった。

  ソウル大・高麗(コリョ)大・延世(ヨンセ)大も「1%論文」の比率は全体論文の1.12%、1.10%、0.91%だった。米ハーバード大(4.51%)、英オックスフォード大(3.27%)はもちろんアジアの競争大学であるシンガポール国立大(1.86%)や日本の東京大(1.56%)、中国の清華大(1.36%)に比べて低いほうだ。

  韓国の教授たちは論文本数にしがみついているが、その原因に短期成果で汲々とした大学の雰囲気を挙げた。韓国大学ランキングフォーラム代表でPOSTECH大学評価委員長のソ・ウィホ氏は「相当数の大学が依然として『論文を何本書いたのか』だけで教授を選び評価する。論文本数だけではなく教授やその研究を評価する幅広い尺度を用意すべき」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事