<平昌五輪>対北強硬基調維持の日米、米朝対話望む韓国と温度差(1)

<平昌五輪>対北強硬基調維持の日米、米朝対話望む韓国と温度差(1)

2018年02月05日08時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本の安倍晋三首相
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開会式出席のために訪韓する米国のマイク・ペンス副大統領(8日)と日本の安倍晋三首相(9日)と相次いで会談を行う。特に、安倍氏は今回の韓日首脳会談を通じて、五輪直後に韓米合同軍事演習が速やかに実施されるように要請すると日本言論が伝えた。また、ペンス氏は訪韓に先立ち、日本に立ち寄り対北戦略などを話し合う予定だ。北朝鮮に対して強硬基調を維持している日米と、平昌五輪を「米朝対話」の足がかりにしようと全力投球している韓国政府が交錯した「対北算法」を見せている。

  ペンス氏は2日(現地時間)、ペンシルバニア州のある行事の演説で「(北朝鮮に対する)戦略的忍耐の時代は終わったというメッセージを伝えに行く」と述べた。続いて「韓国に行って米国五輪選手を応援すると同時に、このシンプルなメッセージを伝える考え」と強調した。

  ペンス氏はまた「ドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮が弾道ミサイルの試験を継続して米国を脅かしている以上、米国は『すべてのオプションがテーブルの上にある』ということを明らかにする」としながら「北朝鮮が完全かつ永遠に核兵器と弾道ミサイルプログラムを断念する時まで、米国はすべての経済的・外交的圧迫を継続する考えである点を皆さんが確信してもかまわない」と付け加えた。ペンス氏はこのようなメッセージを8日の会談でも強調する可能性が高い。

  ◆平昌に来る安倍氏、3月の韓米演習の再会要求する可能性

  この日ペンス氏が「すべてのオプション」を新たに強調したのは「平昌以降」を見据えている側面が強い。最大限の圧迫と制裁という大きな流れを維持する一方、五輪以降に北朝鮮の挑発や時間稼ぎ作戦を決して容認しないという警告メッセージだ。

  反面、文氏は今月2日のトランプ氏との電話会談で「五輪を契機とした南北対話の流れを持続させ、朝鮮半島の平和定着に寄与することを望む」とし「ペンス米副大統領の訪韓がそのための重要な転機になる」と述べた。「米朝対話」という直接的な表現はなかったが、ペンス氏と平昌五輪に派遣される北朝鮮高官代表団の会談が実現すれば、韓半島緊張緩和のモメンタムになるかもしれないという期待感を示したものだ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「文大統領が米朝対話の門を開く、そのような可能性を打診する内容を伝達した。トランプ大統領はこれに対して可否(の立場)を明らかにしたわけではない」と説明した。

<平昌五輪>対北強硬基調維持の日米、米朝対話望む韓国と温度差

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事