平昌オリンピック組織委、日本の公明党議員5人を諮問委員に委嘱

平昌オリンピック組織委、日本の公明党議員5人を諮問委員に委嘱

2017年08月11日09時59分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の国会議員が2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックおよびパラリンピックの広報に当たる。

  平昌オリンピック組織委員会は9日、ソウル・プレスセンターで「日本の連立与党の公明党の国会議員5人を平昌冬季オリンピックとパラリンピック諮問委員に委嘱した」と明らかにした。

  李煕範(イ・ヒボム)組織委員長は「2018平昌冬季オリンピックと2020東京夏季オリンピックの開催成功はもちろんのこと、韓国・日本両国間の文化・観光交流など相互協力に大きな力になるものと期待する」と伝えた。

  諮問委員に委嘱された議員は「アジアで2年単位で開催されるオリンピックの一番手である2018平昌冬季オリンピックの成功的開催を祈る」とし、「日本の議会と日本国内の広報とともに両国間の交流・協力増進のための努力を惜しまない」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事