北朝鮮軍「撃て…避けろ…ひどくやられている」…その後は沈黙

北朝鮮軍「撃て…避けろ…ひどくやられている」…その後は沈黙

2010年11月26日10時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮軍による延坪島(ヨンピョンド)海岸砲攻撃の翌日の24日、金泰栄(キム・テヨン)国防部長官は国会国防委で「北朝鮮も韓国軍の集中射撃で相当な被害を受けたと予想している」と報告した。しかし具体的にどんな人命・打撃被害が出ているかは把握していない、というのが軍情報関係者の話だ。

  北朝鮮の被害状況を確認するには偵察衛星や航空偵察による写真分析が必要だ。しかし23日以降、韓国が対応射撃をした北朝鮮の康リョン(カンリョン)半島地域の上空には雲がかかり、把握が難しかったという。

  北朝鮮は延坪島に対する砲撃を行う過程で、「撃て」「避けろ」などの命令を繰り返しながら組織的に動いていたという。また韓国軍がK-9自走砲で対応射撃を加えた時は「ひどくやられている。被害が大きい」と上部に報告する北朝鮮茂島(ムド)基地の通信内容も韓国側がとらえた。しかし砲声が止まった後は、保安維持のため一切の有無線連絡を中断する「通信沈黙」(radio silence time)状況に入ったというのが関係者の話だ。

  北朝鮮の官営メディアも北側の被害状況に言及していない。99年と02年の第1、2次延坪海戦当時も、北朝鮮は死傷者を公開しなかった。労働新聞が先月16日付の記事で、昨年11月の大青(デチョン)海戦中に死亡した兵士に「共和国英雄」称号が与えられたことを伝え、死亡者に初めて言及したのが唯一だ。

  軍関係者は「一発の殺傷範囲が縦横50メートルのK-9自走砲が北朝鮮海岸砲基地の幕舎などに集中砲撃を加え、北朝鮮が少なからず被害を受けたとみている」と述べた。

【ホットクリック】

・北朝鮮軍「撃て…避けろ…ひどくやられている」…その後は沈黙
・日本、ブラジル高速鉄道事業の入札を見送り…韓国が有力
・韓国が先に砲撃? 中国メディアのわい曲進む
・【社説】中国は責任ある役割を果たしているのか
・「北朝鮮の死傷者、韓国より多い」…中国消息筋
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事