韓国「韓米FTA廃棄なら米国に損害…さまざまなシナリオ準備中」

韓国「韓米FTA廃棄なら米国に損害…さまざまなシナリオ準備中」

2017年07月14日07時26分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国産業通商資源部が韓米FTA改正交渉に対し、すべての可能性を検討していると明らかにした。

  同部のヨ・ハング通商政策局長は13日、政府世宗(セジョン)庁舎で記者会見を開き、「どちらか一方が特別共同委員会を要請すれば30日以内に開かなければならない」とし「現在、韓国は政府組織法が改正されているところで韓国側の共同議長である通商交渉本部長がまだ任命されていないため、このような事情を考慮して米国と開催時期を調整していく」と伝えた。

  産業通商資源部よると、特別共同委員会を開くのは義務事項だが、改正交渉を本格的に開始するには両者の合意が必要だという説明だ。予想シナリオを尋ねる質問に対しては「さまざまなシナリオを当局なりに準備している。米国の反応を予断しながら答えることは困難」とし「米国が懸念していることは何か、改正交渉に関心があるならどの部分を望んでいるのかなど、はっきりしていない部分が多い」と答えた。

  また「改正を含めたすべての可能性に対してオープンに検討してきた」とし「性急に考えるべきことはなく、堂々と韓国側が要求するべきことを要求していきながら進めていけば良い」と付け加えた。

  廃棄に対する懸念については「協定終了を希望する当事国は協定終了意志をいつでも相手国に通知でき、通知後180日の時点で終了する」としながら「だが両国の業界が廃棄を望まないまま廃棄がなされる場合、米国側が損害を被るということを堂々と説明していく考え」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事