韓経:「ノーベル文学賞」クレジオ氏、ソウルを背景に小説…下半期に出版

韓経:「ノーベル文学賞」クレジオ氏、ソウルを背景に小説…下半期に出版

2017年05月19日13時02分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ジャン=マリ・ギュスターブ・ル・クレジオ氏
  ノーベル文学賞受賞者のフランス人作家ジャン=マリ・ギュスターブ・ル・クレジオ氏がソウルを背景にした小説を今年下半期に出す。

  ソウル市は18日、クレジオ氏の新作『Bitna under the Sky』(仮題)が今年下半期に出版されると明らかにした。家族とともにソウルに定着した少女ビンナ(Bitna)が闘病中の少女に会って展開されるストーリーを描いている。この作品には韓国に対するクレジオ氏の愛情が溶け込んでいるというのがソウル市の説明だ。

  2001年に初めて訪韓したクレジオ氏は2007年、梨花女子大招聘教授を務めた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事