「安倍首相、文大統領に南北会談前の訪日を要請」

「安倍首相、文大統領に南北会談前の訪日を要請」

2018年04月04日07時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  安倍晋三首相が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に南北(韓国・北朝鮮)首脳会談(今月27日)前の日本訪問を要請したと、共同通信が3日報じた。共同通信はこの日、複数の日本政府関係者の話を引用してこのように伝え、安倍首相の要請は先月16日の文大統領との電話会談であったと紹介した。

  共同通信は「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の会談で日本人拉致問題の提起を求める狙いがある」とし「安倍首相が2月に平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック開会式出席のために訪韓しただけ、これに対する答礼訪問の形で文大統領の訪日を要請した」と説明した。また「安倍首相の要請に文大統領は即答を避けた」とし「南北会談への準備に追われる文大統領との日程調整は難航し、実現するかは微妙な情勢」と伝えた。

  文大統領は5月初めに東京で開催される韓日中首脳会談に出席するため日本を訪問する予定だ。にもかかわらず安倍首相が南北首脳会談前の早期訪日を望んだのは、最近の「ジャパンパッシング」(Japan passing)と無関係ではないと解釈される。安倍首相が17、18日に米国を訪問してトランプ大統領に会うのも、急激に変わる北東アジア情勢で疎外されないためだ。

  来週韓国を訪問する予定の河野太郎外相も文大統領と面談する場合、南北首脳会談で日本人拉致問題を扱うことを要請する方針だと、共同通信は伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事