北「決めた海路だけ通れ」軍事的衝突の責任回避か(1)

北「決めた海路だけ通れ」軍事的衝突の責任回避か(1)

2009年12月22日09時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮海軍司令部が21日、自分たちが一方的に引いた西海(ソヘ・黄海)軍事分界線内水域を平時海上射撃区域として宣布したのは、韓国の北方限界線(NLL)を無力化しようとする強度な圧迫戦術とみられる。停戦協定が締結された1953年以来、南北の海上の境界になってきたNLLは北側が主張する分界線のずっと北にあるだけに北側の今回の主張は韓国の船舶が出入りする水域を相手に海上射撃をするというものだ。北朝鮮がこのように脅威の水準をあげたことはこれまでになかった。

  北朝鮮がこれを実行に移せば西海上で緊張度が高まるほかない。西海岸を行き交う韓国艦艇はもちろん、漁船や旅客船までも北朝鮮の軍が撃った海岸砲で被害を受けることがあり得るからだ。南北間軍事的衝突が海上での交戦を超える可能性も排除できない。コ・ユファン東国大学教授は「北朝鮮は韓国の軍事活動と漁労活動を制約するという意図をもっているようだ」とし「西海岸で緊張事態を造成し、NLLを紛争地域化して無力化を試みようとするものとみられる」と述べた。

  北朝鮮の主張どおりなら韓国の住民が住むペンリョン島と大青(テチョン)島、延坪(ヨンピョン)島など西海(ソヘ、黄海)5島周辺水域の安全を確保しにくい。北朝鮮はこの5島を行き交う南側の民間船舶と米軍艦艇は自分たちが決めた西海の2つの水路を通じて通れという主張をしている。2つの水路の幅は1マイルにすぎない。それで北朝鮮のこの日の宣布には西海5島の住民たちの活動を委縮させようとする高度の心理戦も裏にあると思わなければならない。北朝鮮がこの日、自分たちが設定した「射撃区域ですべての漁船とそのほかの艦船たちは被害がないように自らで安全対策を立てなければならない」としたのも関連がある。これは西海岸で軍事的衝突が起きれば責任を押し付けようとするものかもしれない。

北「決めた海路だけ通れ」軍事的衝突の責任回避か(2)

【ホットクリック】

・ 北、NLLの南側に海上射撃区域を宣布
・ 韓日中のトラの絵はどう違う?
・ MBC「無限に挑戦」チーム、NYTに「ビビンパ」広告
・ <野球>SKが門倉と再契約、総額30万ドル
・ 「韓国料理応用した料理でフランス人の味覚を魅了」
・ 慶尚南道で本マグロ養殖の道開かれる
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事