韓国政府、日本に軍艦島の世界遺産登録後続措置の履行を圧迫

韓国政府、日本に軍艦島の世界遺産登録後続措置の履行を圧迫

2017年07月14日06時27分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
長崎港の近くに位置する軍艦島(写真=中央フォト)
  韓国政府は最近開催された世界遺産委員会を通じて、日本に「軍艦島」等の近代産業施設世界遺産登録関連の約束履行を迫った。

  韓国外交部は13日、ポーランドで開かれた第41回国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会で、近代産業施設の世界遺産登録関連の約束履行に向けた具体的な後続措置を取るよう日本に求め、委員国21カ国のうち12カ国が支持または同調発言をしたと説明した。

  佐藤地(さとう・くに)ユネスコ日本政府代表部大使は「日本政府は第39回世界委員会の勧告事項を尊重する」とし「ことし12月1日までに提出しなければならない履行経過報告書作成に向けて、国家保存委員会で解釈戦略を準備するなど、インフォメーションセンターの設置を含めた適切な措置を取るという約束を履行していく」と伝えた。

  これに先立って、日本は2015年に開かれた第39回世界遺産委員会で、世界遺産に登録された23カ所の近代産業施設のうち、朝鮮人強制労働があった軍艦島など7カ所の施設に対して情報センターの設置など強制労働を認めて犠牲者を称える措置を約束したが、まだ結果を出さないでいる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事