日本民主党代表選、「小沢院政」なるか

日本民主党代表選、「小沢院政」なるか

2011年08月29日09時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
海江田万里経済産業相(左)と前原誠司前外相。
  日本の次期首相を決める民主党代表選が終盤まで混戦の様相を見せている。民主党は29日午前に両院議員総会を開き5人の候補を対象に所属議員398人の投票で次期首相になる党代表を選出する。党代表選挙戦には海江田万里経済産業相、前原誠司前外相、野田佳彦財務相、鹿野道彦農林水産相、馬淵澄夫前国土交通相が出馬した。

  現在は党内最大派閥の小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前首相の支持を受ける海江田候補が一歩リードする中、前原・鹿野・野田の各氏が後を追っている様相だ。現在では1次投票でどの候補も過半数(199票・衆議院と参議院議長は棄権予定)を確保できないまま1・2位を占めた候補による決選投票に行くだろうという分析が支配的だ。絶対強者がない状況で1次投票の1・2位のうち誰が3・4・5位を占めた候補を味方に引き込むかにより勝負が分かれるという話だ。

  1次投票では固定票がある海江田経済産業相が1位になる公算が大きい。海江田候補側はこの場合2位に反小沢勢力の前原氏か野田氏が上がってくるのが有利だと判断している。前原氏あるいは野田氏が2位を占めれば特定派閥の色合いが薄い鹿野農林水産相を支持した中間派議員の相当数が海江田氏側に流れるとみているためだ。だが、鹿野氏が2位となる場合「小沢グループに政権を渡すことはできない」と判断した前原・野田両氏の支持票がすべて鹿野氏陣営にまとまり逆転される公算が大きいためだ。このため小沢氏側の一部では「グループ内議員の一部に1次投票で前原氏を推させ2位を作った後に決選投票で勝利することを検討しなければならない」という意見も出てきている。当初優勢に立った前原氏は法的に禁止された外国人政治献金を追加で受けた事実が27日に明らかになり揺れている。だが、「結局決選投票で多くの議員が“小沢院政”を容認せず自分に集まるだろう」と期待している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事