韓国が先に砲撃? 中国メディアのわい曲進む

韓国が先に砲撃? 中国メディアのわい曲進む

2010年11月26日09時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の延坪島攻撃を取り上げた中国メディアが、日増しに正常軌道から逸脱している。事件が発生した23日には「北朝鮮が延坪島に砲撃を加えた」と報じたが、24日には南北双方が砲撃し合ったとし、機械的なバランスを合わせるのに熱中した。

  しかし25日からは、「韓国が先に北朝鮮側に砲撃した事実を認めた」といううわさを事実のように報道している。中国中央テレビ(CCTV)は軍事評論家の宋暁軍氏を出演させ、「天安艦事件以降、韓国軍が西海(ソヘ、黄海)で実施してきた軍事訓練が北朝鮮の砲撃の導火線になった。韓国は北朝鮮の抗議を無視し続けた」と韓国に責任を転嫁した。

【ホットクリック】

・北朝鮮軍「撃て…避けろ…ひどくやられている」…その後は沈黙
・日本、ブラジル高速鉄道事業の入札を見送り…韓国が有力
・韓国が先に砲撃? 中国メディアのわい曲進む
・【社説】中国は責任ある役割を果たしているのか
・「北朝鮮の死傷者、韓国より多い」…中国消息筋
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事