ゴルフの“セクシークイーン”アン・シネ、大谷抜いて日本最多検索アスリートに

ゴルフの“セクシークイーン”アン・シネ、大谷抜いて日本最多検索アスリートに

2017年12月07日10時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
インスタグラムを通じて私生活を公開するアン・シネ(写真=本人のインスタグラム)
  セクシーなルックスで人気を呼んでいる韓国のゴルフ選手アン・シネ(27)が2017年日本で最も多く検索されたアスリートに選ばれた。Yahoo!JAPANが6日に発表した「Yahoo!検索大賞」でアン・シネはアスリート部門賞で1位になった。

  Yahoo!JAPANは俳優、女優、お笑い芸人、アスリート、モデル、ミュージシャン、アイドル、声優、作家、スペシャルなど合計10個の部門で1位を発表した。

  アスリート部門では男女の別なく一人だけを選んでいる。アン・シネが日本の天才野球選手の大谷翔平やフィギュアスケートの羽生結弦、サッカー選手の本田圭佑らスーパースターを押さえて多く検索されたということだ。

  アン・シネは10部門を通して日本人以外の唯一の受賞だ。Yahoo!JAPANは日本人が最も多く使う検索エンジンだ。

  アン・シネは「スポーツ選手として、こういう賞をもらえてすごくうれしいです。セクシークイーンといわれるとは思っていなかったのですが、たくさんの人に愛されてそれを力に変えてもっといい結果を出したかったです。日本ではゴルフに対する注目度が韓国より高いと思ったのと、選手の実力が非常に優れていて、ギャラリーの皆さんのマナーと姿勢が学ぶに値することがとても多いと感じる1年でした。今後も私の生きざま、生活スタイルを自由に見せていきたいと思いますし、恥ずかしがることなく表現していきたいと思います」と受賞のコメントを明らかにした。

  Yahoo!JAPANはアン・シネをついて「スタイルの良さから『セクシークイーン』の愛称で親しまれており、日本女子ツアーに初参戦した5月に検索が急上昇しました」とし「試合に出場するたびにウェアや大好きな日本食の話など、さまざまなことがインタビュー記事で紹介されています」と紹介した。

  アン・シネは昨年末、日本女子プロゴルフツアークオリファイングトーナメントを45位で通過し、条件付きの出場資格を取得した。最初から話題だった。日本LPGAがアン・シネの左足首にある小さなタトゥーのために出場を許可しなかったためだ。アン・シネは長いソックスをはいてこのタトゥーを隠して競技に出場していた。

  アン・シネを追うカメラマンが100人に達し、講談社が発行する週刊現代は特集グラビアを2度にわたって組んでアン・シネを大々的に紹介した。アン・シネはインスタグラムなどを通して自身の写真を積極的に掲載して人気管理も怠らない。

  アン・シネは今季賞金ランキング82位で来年の出場権を失った。今月1日に終わった来年の出場権決定戦で71位にとどまり、来年もことしと同じように条件付きシードで日本で活動する考えだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • インスタグラムを通じて私生活を公開するアン・シネ(写真=本人のインスタグラム)
  • 日本女子プロゴルフツアーで活躍中のアン・シネは美しい容貌と華やかなファッションで日本ファンからも高い人気がある。(写真=本人のインスタグラム)
  • 日本デビューの時に問題になったアン・シネのタトゥー(写真提供=KLPGA)
  • アン・シネ