【社説】韓国国民に余韻を残したペンス副大統領の訪韓

【社説】韓国国民に余韻を残したペンス副大統領の訪韓

2017年04月19日17時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
訪韓中であるマイク・ペンス米副大統領が4月17日午前、厳しい警護を受けながら京畿道坡州市板門店を訪問し、北朝鮮側の地域を眺めている。右側はペンス副大統領一行を見守っている北朝鮮軍。(写真=共同取材団)
  「この高地を1ドルで売っても買おうとする米国人はいないだろう。あちらの中国人は25セントでも買わないだろう…。この戦闘の生存者が死ぬ時ごろになると価値が変わるだろう。彼らがいたからこそ数多くの人が自由を享受することになるだろう」

  俳優グレゴリー・ペックが主人公として出演した映画『勝利なき戦い(pork chop hill)』で米軍将校が交わした対話の一部だ。1953年、高度300メートルの韓国漣川(ヨンチョン)一帯の山である“ポーク・チョップ・ヒル”をめぐって米軍と中国共産軍の激しい戦闘が起きた。休戦協定直前、一寸でももっと領土の優位を占めるためだった。243人の米軍が戦死した。米45師団のエドワード・ペンス少尉はその死闘の功労で銅星勲章を受けた。少尉の息子が一昨日、父が戦っていたDMZを訪れた。マイク・ペンス米副大統領だ。

  北朝鮮兵士と60メートル離れたところに立ったペンス副大統領は「トランプ大統領に代わって韓国国民に伝えるメッセージ」として「米国は皆さんと100%共にするだろう」と強調した。彼は「韓国に対する米国の意志は、鉄甲のように強固で絶対に変わらない」とし、「北朝鮮は韓米同盟の決議と力を試すことをやめよ」と決起を表わした。「戦略的忍耐の時代は終わった」と北朝鮮の核とミサイルに強い圧力をかけた。

  オバマ前大統領が5年前、DMZを訪れて「皆さんは自由の最前線に立っており、南北のように自由と繁栄が明らかに対照されるところはない」と述べたが、それ以来韓半島(朝鮮半島)の緊張が頂点に達した時点だった。血盟を結んで守ってきた同盟に貢献しようとする皆の決意にペンス副大統領は自信と安定を与えた。同盟の歴史はまさに彼自身とその家族の歴史だった。トランプ氏の執権において一番の貢献者であり、米キリスト教と共和党内で影響力が大きい彼の宣言を金正恩政権も肝に銘じるべきだろう。

  安保こそ国家が作られた根拠であり、指導者にとって一番の責務だ。THAAD(高高度防衛ミサイル)の配備や韓米同盟の価値をめぐって一進一退する有力大統領選候補の不安な姿と重なり、米国の第二人者の訪韓は少なからず示唆するところや余韻を残した。ペンス副大統領の韓米同盟に対する約束と覚悟を改めて高く評価する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 訪韓中であるマイク・ペンス米副大統領が4月17日午前、厳しい警護を受けながら京畿道坡州市板門店を訪問し、北朝鮮側の地域を眺めている。右側はペンス副大統領一行を見守っている北朝鮮軍。(写真=共同取材団)
  • ペンス副大統領の父が勲章を受ける写真。(写真=ペンス副大統領のツイッター)
  • マイク・ペンス米副大統領が4月17日午前、京畿道坡州市板門店を訪問し、ヴィンセント・ブルックス韓米連合司令官兼在韓米軍司令官から説明を聞いて北朝鮮側の地域を眺めている。(写真=共同取材団)