朴大統領に続いて国防長官まで…前例のない中国圧力メッセージ(1)

朴大統領に続いて国防長官まで…前例のない中国圧力メッセージ(1)

2016年01月26日08時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓民求(ハン・ミング)国防部長官が25日、「高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の韓半島(朝鮮半島)配備が必要だ」と述べた。中国の対北朝鮮制裁参加を議論するため27日にケリー米国務長官が訪中する直前に、こうした明示的な発言をした。2014年にスカパロッティ韓米連合司令官が米国防総省にTHAADの韓半島配備を要請したという事実を公開して以来、韓長官をはじめとする外交安保当局者は「米国内でも結論が出なかった問題」とし、関連発言を避けてきた。

  この日の韓長官の発言は政府レベルの調整を経たものという。匿名を求めた青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「北の4回目の核実験以降、政府レベルでTHAAD配備問題について深く悩んだ」とし「THAAD問題は中国の反発と国内の論争を考慮し、韓長官が独断的に話せる問題でない」と述べた。また「外交安保当局者が現時点でTHAAD配備の必要性に共感し、朴槿恵(パク・クネ)大統領も国益のために必要な部分が何かを探してきた」と話した。

  こうした点で韓長官の発言はTHAADの韓半島配備に向けた動きだという分析が出ている。青瓦台をはじめ外交安保当局者は最近、専門家を対象にTHAADの必要性に関する世論をまとめる作業を行ったという。韓国もミサイル防衛(KAMD)体系を構築しているが時間がかかるうえ、北朝鮮の大量破壊兵器製造技術が予想より速く向上している状況では、現実的にTHAADのほかに代案がないという理由でだ。

  朴徽洛(パク・フィラク)国民大政治大学院長は「4回目の核実験を断行した北の核能力が非常に速く進展している」とし「北の攻撃に備えた最小限の装置が必要だという悩みがみられる」と述べた。また「韓国政府だけでなく約2万8500人の在韓米軍を派兵した米国の立場では、北の核脅威に対応するために(THAADの韓半島配備)決定を操り上げる可能性がある」と話した。

朴大統領に続いて国防長官まで…前例のない中国圧力メッセージ(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事