韓国産K-21装甲車、香港税関で押収される

韓国産K-21装甲車、香港税関で押収される

2010年09月24日10時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国が独自の技術で開発した最先端戦闘装甲車K-21が香港当局の許可を受けずに香港に搬入され、現地税関当局に押収された。昨年末に実践配備されたK-21装甲車はヘリコプターと戦車も破壊できる性能を備えている。

  香港税関は20日、葵涌貨物ターミナルでK-21装甲車1台と関連部品を発見して押収したと、サウスチャイナモーニングポストなど現地新聞が23日報じた。

  税関の調査の結果、K-21と関連部品を2個のコンテナに載せた貨物船は先月10日にサウジアラビアの港を出発し、18日に香港に到着したことが分かった。

  税関の関係者は「発見当時、K-21装甲車は上部だけが簡単に覆われた状態でコンテナに積まれていた」と説明した。また「運送を引き受けた船会社の関係者を調べた結果、装甲車はサウジアラビアで展示を終えた後、韓国に戻る途中だったことが確認された」と明らかにした。

  K-21装甲車と関連部品は葵涌貨物ターミナルで別の船に積み換えられ、23日に最終到着地の釜山(プサン)に向けて香港を出港する予定だった。税関の関係者は「経緯を徹底的に調べ、法規に基づいて処理する」と明らかにした。

  香港輸出入条例によると、香港で輸出・輸入・再輸出・積み換えされるすべての戦略物品の場合、必ず香港海関に申告して許可を受けなければならない。武器は戦略物品に分類されている。規定を違反した場合、7年以下の懲役刑や罰金刑が宣告される。昨年の場合、41件の違反事例が発生し、222万香港ドル(約3億3300万ウォン)の罰金が科せられている。今回の事件と関連して香港当局に逮捕された人はいないと、香港メディアは伝えた。

  K-21装甲車を製造した防衛産業関連企業の斗山(ドゥサン)DSTは「許可に必要な書類を提出したが、香港海関が異例の追加書類を要求した」とし「追加要求書類を24日まで発送して承認を受けた場合、30日に香港を出発し、来月5日に釜山港に到着することになる」と説明した。

【ホットクリック】

・北朝鮮「他人に頼る経済は罪悪」…金正日訪中後に自立経済を強調
・ソウルに1時間当たり100ミリの水爆弾…スーパー都市洪水
・軍施設撮影した日本人を逮捕「船長逮捕の報復措置か」/中国
・キム・ヨナ、オーサーコーチと決別後に広告好感度3位にダウン
・日本とは領土、米国とは為替レート…中国の‘2つの戦争’
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事