韓経:【コラム】チョン・ジュニョン事態で明るみになった韓国芸能産業の素顔

韓経:【コラム】チョン・ジュニョン事態で明るみになった韓国芸能産業の素顔

2019年03月14日09時52分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
YGエンターテインメント社屋全景
  「V.Iとチョン・ジュニョン・ゲート」が韓国芸能界を強打している。性暴行動画の出処であるクラブ「バーニング・サン」を運営してきたアイドルグループBIGBANG(ビッグバン)のV.I(ヴィアイ、本名イ・スンヒョン、29)を警察が性売買あっ旋容疑で今月8日に立件したことに続き、V.Iが参加していたグループチャットルームに違法撮影(盗撮)動画を流布させた容疑で歌手チョン・ジュニョン(30)を性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反容疑で立件した。チョン・ジュニョンは13日深夜に謝罪文を出して「私はすべての罪を認める」とし「同意を受けないまま女性を撮影してこれをSNSのチャットルームに流布し、そのような行為をしながらも大きな罪悪感を感じないで行動した」と明らかにした。

  V.Iとチョン・ジュニョンは芸能界引退を宣言し、所属事務所であるYGエンターテインメントとMAKEUS(メイクアス)エンターテインメントは彼らとの契約解約を発表した。動画に関連しているとうわさになった芸能人の所属事務所は相次いで反論声明を出し、他の芸能企画事務所ももしかして火の粉が飛んでくるのではないかと戦々恐々としている。

  今回の事件は韓国芸能産業の現住所と素顔をそのまま見せている。一種の「芸能権力」が過度に肥大化し、副作用が出たという分析だ。V.Iが所属していたBIGBANGは最高の人気を誇るアイドルグループだが、過去13年間、さまざまな事件・事故に巻き込まれてきた。G-DRAGON(ジードラゴン)とT.O.P(トップ)が大麻吸引容疑で物議をかもし、同じ所属事務所のガールズグループ2NE1(トゥエニィワン)のパク・ボムは「アンフェタミン」82錠を密輸入した容疑で検察の取り調べを受けた。しかし彼らは自粛せずに芸能活動を再開した。

  今回の事件に関連し、V.Iが直接運営に参加していると明らかにした別のクラブ「ラブシグナル」のオーナーがYGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表だと伝えられた。該当クラブを運営中のA法人の持ち株の70%はヤン代表が、30%はヤン代表の弟であるヤン・ミンソク代表理事が保有していると報じられた。ヤン代表はこれに関連して脱税疑惑を受けているが、YGは立場を明らかにしないでいる。アーティストだけでなく彼らを管理するべき企画事務所さえ信頼を失っている状況だ。

  韓国社会が韓流スターを過度に寛大だったため彼らの過ちと悪行が大きくなったという指摘もある。司法体系は軽い処罰を下し、メディアは犯罪を犯した芸能人の姿を無差別的に再生産して免罪符を与えたとするものだ。大衆文化評論家のカン・ムン氏は「今回の事件は芸能権力を中心に形成された『韓国型マフィア』のような姿も見せた」とし「芸能人を中心に事業家、腐敗警察、麻薬、性売買などが絡んでいる」と話した。

  スターになるのは大変だが、落ちるのはあっという間だ。「スターは自由を拘束されるほかはない」とし、自己管理を徹底してきたペ・ヨンジュンの言動を芸能人が心に刻むべきときだ。

  ユ・ジェヒョク/文化部記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事