ロシアの抜けた冬季五輪ショック…文大統領の「平昌構想」に打撃(2)

ロシアの抜けた冬季五輪ショック…文大統領の「平昌構想」に打撃(2)

2017年12月07日10時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ◆韓国政府、IOCの決定を尊重するが=IOCの発表以降、平昌冬季五輪組織委員会は「ロシア選手団が個別的に五輪に参加することができるように許したIOCの決定を尊重する」という立場を示した。青瓦台関係者も「ロシアの組織的なドーピング問題は非常に深刻な状態であり、青瓦台もIOCの決定を尊重する」とした。冬季スポーツ強国であるロシアの不在は五輪に対する関心の低下につながる可能性がある。青瓦台関係者が「平昌五輪は韓半島(朝鮮半島)と北東アジア、全世界的な平和五輪というより大きな意味を持っている」とし「IOCに大乗的レベルで他の対策を講じてほしいという要請をする計画」と話した理由だ。

  苦心はさらにある。平昌五輪を南北関係改善の契機にしようとしていた文大統領の平昌構想がますます複雑になっているためだ。北朝鮮が平昌五輪期間の間、挑発を止めれば韓米合同軍事演習を延期することもあり得るというのが政府の立場だった。政府は中露など北朝鮮の平昌五輪への参加に肯定的な影響を及ぼせる国家の支援も期待した。だが、北朝鮮の高強度挑発に続き、ロシアまで参加が事実上不可能になることで政府が描いていた平和五輪の姿とはますます遠のいている。

  ◆平昌構想修正の必要性=専門家たちは平昌五輪を政治的局面転換の突破口にしようとする政府の構想を現実的に修正する必要があると提言した。ソウル大政治外交学部の魏聖洛(ウィ・ソンラク)客員教授は「平昌五輪に対する期待を少し調整する必要がある。北朝鮮が参加する可能性がまだ残っているが、参加しても局面転換の契機になるには足りないかもしれない」と話した。

  平昌を韓半島の緊張緩和の機会にすることにあまりにも集中したあげく、国民の間に「北朝鮮が参加しない平昌五輪≠平和五輪」という誤った認識が広がることも警戒する必要があるという指摘だ。世界唯一の分断国家で成功的な五輪を開き、韓国の発展の姿を世界に見せることだけでも平和と和合のメッセージを発信するには十分だということだ。外交部2次官を努めた高麗(コリョ)大学国際大学院のキム・ソンハン院長は「平昌五輪に政治的意味を与えるほど五輪が政治的に変質するかもしれないという懸念も大きくななっている。北朝鮮はもちろん、ロシアと中国も平昌五輪への参加を我々に対するレバレッジ(テコ)のように使う可能性もある」とし、「単に五輪の精神に基づいて人類の和合を実現する平和のスポーツ祭典で行うことに力を集中する必要がある」と指摘した。

ロシアの抜けた冬季五輪ショック…文大統領の「平昌構想」に打撃(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事