<アジア大会>買春事件で廃墟のようになった日本選手団

<アジア大会>買春事件で廃墟のようになった日本選手団

2018年08月22日07時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会に出場した日本選手団が通夜を迎えたような重苦しい雰囲気に包まれている。バスケットボール代表選手の買春事実が伝えられ、日本列島は怒りに包まれている。

  今月16日、橋本拓哉選手(23)、今村桂太選手(22)、佐藤卓磨選手(23)、永吉佑也選手(27)ら日本バスケットボール男子代表選手4人は、ジャカルタの現地風俗店で買春行為をしていたことが伝えられた。4人は選手村からタクシーで30分ほど離れた歓楽街に行き、女性ホステスがいる風俗店で酒を飲んで120万ルピー(約9100円)を渡して買春行為に及んだ後、翌日未明に選手村に戻ったことが明らかになった。当時、選手たちは「JAPAN」のロゴが入っている公式ウエアを着て風俗店に入った事実が知らされたことから、さらに厳しい叱責を受けている。

  4人の逸脱行為は、朝日新聞記者が選手たちが風俗店に出入りするところを目撃し、日本オリンピック委員会(JOC)に知らせたことで発覚した。JOCは20日、インドネシア・ジャカルタのコンベンションセンターで記者会見を開き、選手たちの逸脱行動について謝罪を行った。山下泰裕選手団長は記者会見で、「期待を裏切る行為をした。心から深くお詫びを申し上げる」とし、4人の選手には強制帰国処分を下し、正式な懲戒処分があるだろうと明らかにした。 

  日本バスケットボール協会は20日に帰国した4人の選手とともに東京で緊急記者会見を開いた。三屋裕子協会会長は「確かに彼らは愚かなことをした。軽率で思慮に欠けた行動で多くの皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを心からお詫びする」と陳謝した。 

  今回の事件が明るみになると、日本報道機関やネットユーザーは選手たちを猛烈に非難している。日本デイリースポーツは「14年仁川アジア大会では、競泳日本代表選手がカメラを窃盗したとして選手団を追放された」とし「ジャカルタで行われているアジア大会で、バスケットボール男子日本代表の4選手が『JAPAN』のロゴの入った公式ウエアを着たまま歓楽街に立ち入っていた」伝えた。そのうえで「不祥事が勃発するたびにJOCは口酸っぱく行動規範の順守を説いてきたが、教訓は生かされなかった」と指摘した。Yahoo JAPANの関連記事には「アジア大会の男子バスケの買春騒動。許せない」「国費で買春ツアーに派遣した図」など数百件を超える非難のコメントがつけられている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事