韓経:1兆ウォン相当の自動車生産時の人件費…トヨタ585億vs韓国1229億

韓経:1兆ウォン相当の自動車生産時の人件費…トヨタ585億vs韓国1229億

2018年07月17日08時28分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「トヨタ585億ウォン(約58億円)vs韓国自動車5社平均1229億ウォン」。日本のトヨタと現代(ヒョンデ)自動車など韓国の自動車メーカー5社がそれぞれ1兆ウォン相当の自動車を生産して販売した時にかかる人件費だ。慢性的な「高費用低効率」構造を打破できなければ韓国の自動車産業の競争力基盤が崩れかねないとの懸念が大きくなっている。

  韓国経済新聞社と韓国自動車産業協会が16日に現代自動車、起亜(キア)自動車、韓国GM、ルノーサムスン、双竜(サンヨン)自動車の自動車5社の売り上げに対する人件費の比率を調査した結果、平均12.29%に達することが明らかになった。売り上げ1兆ウォンに対しかかる従業員の賃金が1229億ウォンという話だ。これに対しトヨタの売り上げに対する人件費の比率は5.85%で韓国の自動車メーカーの半分にも満たない。ドイツのフォルクスワーゲンは9.95%で韓国より2.34ポイント低かった。

  韓国の自動車5社の労働者の平均賃金は昨年基準で9072万ウォンと集計された。トヨタ8391万ウォン、フォルクスワーゲンの8303万ウォンよりはるかに多い。売り上げに対する人件費の比率が高ければ会社の経営負担が大きくなり、施設と研究開発投資余力が落ちるというのが専門家らの分析だ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事