N.Flying、日本初の単独コンサート! 全席完売で盛況裏に終了

N.Flying、日本初の単独コンサート! 全席完売で盛況裏に終了

2018年03月06日09時06分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
N.Flying(写真提供=FNCエンターテインメント)
  韓国5人組バンドのN.Flying(エヌフライング/イ・スンヒョプ、クォン・グァンジン、チャ・フン、キム・ジェヒョン、ユ・フェスン)が日本での初単独ライブ公演を盛況裡に終えた。

  N.Flyingは今月3日、東京渋谷のTSUTAYA O-EASTで単独コンサート「N.Flying 1st ONE MAN LIVE IN JAPAN -THE REAL-」を開催した。今回の公演はN.Flyingが日本デビューから約4年5カ月ぶりに実現させた初の単独コンサートで、全席完売させながら新しい韓流バンドの誕生を知らせた。

  N.Flyingは2ndミニアルバム『THE REAL : N.Flying』の収録曲『R U Ready?』をはじめ、『Say Goodbye』『Don’t Mess With Me』を含め、最近、韓国でリリースしたミニ3rdアルバム『THE HOTTEST:N.Flying』のタイトル曲『熱いジャガイモ(Hot Potato)』と収録曲『これよりいいかな(Can’t Be Better)』『1日だけ(Just One Day)』『だから僕たち(So We)』などで会場の雰囲気を盛り上げていった。

  N.Flyingは日本デビューシングル収録曲『Basket』『Bitter Sweet』から『One and Only』『ギガマッキョ』『All in』『Knock Knock』『Endless Summer』などを日本語バージョンで熱唱し、計19曲の充実したセットリストで聴きどころ満載のライブだった。

  この他にもN.FlyingはCNBLUE(シーエヌブルー)の『Between Us』『Coffee shop』『I’m sorry』を独自のアレンジを加えた演奏と歌を公開し、ファンに新鮮な一面も披露した。また、メンバーはライブ中、ファンと対話しながら呼応を引き出すなど現地ファンたちと一つになって熱く呼吸した。

  一方、N.Flyingは3月24日、弘大(ホンデ)ローリングホールでローリング23周年記念公演vol.31「THE HOTTEST:N.Flying」を開催し、その爆発的なライブを韓国でも披露する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事