【社説】深い共感を得たトランプ訪韓…「力を通じて平和を守る」

【社説】深い共感を得たトランプ訪韓…「力を通じて平和を守る」

2017年11月09日11時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  1泊2日間訪韓したドナルド・トランプ米大統領が強固な韓米同盟に対する信頼を韓国人の胸に与えて昨日、離れた。トランプ大統領はその間、両国間貿易不均衡問題を問い詰めると数回も明らかにした。訪韓中に韓米自由貿易協定(FTA)改正が障害になるだろうという観測が少なくなかった。韓米首脳会談と国会演説で突出発言を吐き出し、険悪な雰囲気が演出される懸念も拭えなかった。

  だが、トランプ氏はどの場面でも両国の友好的な雰囲気を台無しにするような発言は全く口にしなかった。それだけではなく、悪天候で戻ったものの、昨日午前には予定になかった非武装地帯(DMZ)の電撃訪問を試みた。韓米同盟の強固さを見せるために誠意を尽くしたわけだ。

  彼の国会演説は今回の北東アジア歴訪の白眉だった。トランプ氏は演説の序盤を伝統的な韓米間友好と韓国の成功神話を強調することに割いた。彼は「韓国が成功するほどさらに決定的に金正恩(キム・ジョンウン)体制中心の暗い幻想に打撃を与えることになる」とし「繁栄する韓国の存在自体が北朝鮮独裁体制の生存を脅かす」と宣言した。韓半島(朝鮮半島)情勢の本質をこのように正確に見抜いた外国指導者は見つけることが難しい。

  同時に、トランプ氏は韓国の安保に責任を負うという約束と共に北朝鮮に向かっては絶対に誤認するなという警告メッセージを発した。彼は「力を通じて平和を維持する」とし「北朝鮮がかつて米国の自制を弱さに解釈するなら、これは致命的な誤算になるだろう」と強調した。また「我々は過去の行政府とずいぶん違うため過小評価することも、試すこともするな」と付け加えた。いつにもまして強力な対北朝鮮警告だ。

  トランプ氏は感情的な口調で一方的に主張する人だと知られている。だが、昨日、国会演説で見せた姿は違った。物静かな態度で韓国と北朝鮮の具体的実状をいちいち説明した。北朝鮮の悲劇的な人権弾圧の実態を並べて深い共感を呼んだ。韓半島に対する彼の関心が思ったよりはるかに深いと感じさせる瞬間だった。

  今回の歴訪で見せたトランプ氏の言葉と行動は韓国社会の一部で頭をもたげた米国に対する不信を拭うことに大きな役割を果たした。その間、一部の専門家の間では米本土が北朝鮮の核・ミサイルに攻撃されることを覚悟してトランプ政府が韓国を守るかは疑問という指摘が絶えなかった。トランプ氏は米国に対する信頼を再確認することにとどまらなかった。彼は7日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)晩餐会場で慰安婦被害者を暖かく抱いた。韓日間で絶えず提起されてきた慰安婦論争で普遍的な人権の方に軍配をあげたわけだ。

  残念なところは、一部のデモ隊がトランプ大統領の車両が通る光化門(クァンファムン)広場の前の車道に紙コップとペットボトルなどを投げて通行を妨げた。トランプ氏らが反対の車道を利用して不祥事が起きはしなかったが、韓国を訪問したお客さん、それも血盟の大統領にこのようなことをしたのは残念だ。

  今回のトランプ氏の訪韓で韓米両側が得たのは期待以上だった。韓国としては堅固な韓米同盟を誇示すると同時に、強力な対北朝鮮警告のメッセージを送ることに成功した。トランプ氏は100億ドル(約1兆1401億円)以上の先端武器を売ったとツイッターで自慢した。何より文在寅(ムン・ジェイン)大統領の破格的な配慮が印象的だった。予想を超えて平沢(ピョンテク)キャンプのハンフリーズ基地に行ってトランプ大統領らを迎え、昨日は非武装地帯(DMZ)にあらかじめ出向かって待つ姿まで見せた。もう両国は「ウィン・ウィン」で終わった今回歴訪の経験を土台に今後さらに信頼を構築し、北核危機に揺れることなく対処していなければならないだろう。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事