静かだった党創建日…北、金正日総書記推戴20年をより盛大に祝う(1)

静かだった党創建日…北、金正日総書記推戴20年をより盛大に祝う(1)

2017年10月11日10時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は10日、「わが党は歴史のあらゆる挑戦と狂風を玉砕し、社会主義の偉業を勝利に導く偉大な指導者」と主張した。創党72周年のこの日に掲載した社説で、同紙は「わが党はすべての社会の金日成(キム・イルソン)-金正日(キム・ジョンイル)主義化の旗じるしを高く掲げ、主体の社会主義の偉業を最後まで完成させ、この地上に人民の楽園、人類の理想社会を建設する」という金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の発言も紹介した。

  金日成-金正日-金正恩につながる3代世襲を正当化して金正恩に対する忠誠を強調したものと言える。匿名を求めた高位脱北者は「家父長社会の北朝鮮で、党を母と呼ぶ一方で父なる将軍様(金正日)、父母なる首領様(金日成)など、最高指導者を党の上の存在と感じているため、党創建記念日を最大限活用している」と述べた。

  だが、この日は公開的には何の動きもなく静かだった。ミサイル発射など軍事的挑発や中央報告大会など創党記念行事はこの日夜まで実施されていないことが確認された。韓国統一部当局者は「北朝鮮は5周年や10周年などいわゆる節目の年に行事を盛大に実施するが、金正日総書記推戴20周年だった今月8日の行事に焦点を合わせ、これに代えたようだ」と述べた。実際、北朝鮮は8日を迎えて全員会議と中央報告大会(記念式)を開き、金正恩と主要幹部が金日成と金正日の遺体が安置されている錦繻山(クムスサン)太陽宮殿を参拝した。別の当局者は「韓米情報当局が秋夕(チュソク、中秋)連休期間に北朝鮮の挑発の可能性を重点的に鋭意注視し、ドナルド・トランプ米国大統領の軍事オプションの使用に負担を感じて一息入れたのかもしれない」と分析した。奇襲挑発の効果をねらって、ほのめかしておいて行動に移さない一方で、集中監視期間が過ぎれば追加挑発に出る可能性があるということだ。実際、秋夕連休直前には平壌市(ピョンヤンシ)一帯でミサイル発射に関連すると見られるトラックの動きが確認されたという。

  こうした中、創党72周年を迎えた北朝鮮労働党の歴史は「血の歴史」という評価を受けている。金正恩が叔母の夫である張成沢(チャン・ソンテク)国防委副委員長を処刑したことも、潜在的な脅威になりえる勢力を除去しながら指導体制を構築してきた金日成-金正日の延長線上にある。

静かだった党創建日…北、金正日総書記推戴20年をより盛大に祝う(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事