新人歌手ジヌン、日本国籍放棄し軍服務を決心

新人歌手ジヌン、日本国籍放棄し軍服務を決心

2009年09月08日08時44分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  新人4人組混成グループ「B2Y」のメンバーのジヌンが軍服務のため日本国籍を放棄したことが明らかになった。

  延世(ヨンセ)大学建築工学科に在学中のジヌンは日本生まれで日本国籍を持つが、韓国の国民としての義務を果たすべきとの責任感から昨年日本の国籍を放棄した。

  東京で生まれ5歳まで日本で育ったジヌンは日本語も流暢で、延世大学入学当時は数学特待生として4年間の学費全額を奨学金として受け取っていた事実も知られ、ネットユーザーらを驚かせた。

  こうしたプロフィールが明らかになると、ネットユーザーらは「すごいスペックだ」と感嘆した。さらに学業と、国防の義務のため日本国籍を放棄したことに対し、「心まで美しい」「外見に、スペックに、心まで気持ちよい」と称賛が続いている。

  一方、ジヌンはこうした称賛に対し「歌手活動を始めて、両親の許しを得るために一生懸命勉強した。その結果が現れただけで、過分な評価だ」と謙虚な姿勢を見せている。

【ホットクリック】

・ 韓国政府「北朝鮮のダム放流、納得できない」
・ 韓国の電気自動車が日本市場を走る
・ 「日米が共同歩調なら中国は日本尊重」
・  男女平等に反する・・・婚姻憑藉姦淫罪廃止を
・ 新人歌手ジヌン、日本国籍放棄し軍服務を決心
・ ソウルの勤労者、東京より1年に315時間多く働く
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事