<韓国#MeToo>「忠南知事が性的暴行」…現職秘書が暴露

<韓国#MeToo>「忠南知事が性的暴行」…現職秘書が暴露

2018年03月06日08時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
安熙正(アン・ヒジョン)忠南知事
  安熙正(アン・ヒジョン)忠南知事が秘書に性的暴行したという暴露が被害当事者から提起された。

  安知事の6級政務秘書キム・ジウンさん(33)は5日、JTBC番組ニュースルームに出演し、「安知事から8カ月間に4回の性的暴行を受け、何度もセクハラがあった」とし「6日に安知事を検察に告訴する」と明らかにした。キムさんは「安知事との性関係は望んでしたのではなかった」とし「随行秘書は知事と合意をする同等な関係ではなく無条件に従わなければいけなかった」と述べた。

  キムさんは「性的暴行はロシア・スイス出張などほとんどの日程を終えた後だった」とし「スイスで『これはいけない』『分からない』と拒絶を表現した」と話した。

  キムさんは「私の地位でできる最大限の防御と拒絶をした。安知事は分かったはず」とし「安知事はずっと『自分が恥ずべきことをした』と話していた」と主張した。キムさんによると、安知事は先月25日にもキムさんを夜に呼んで「ミートゥー(MeToo)」運動について話した後に性的暴行をしたという。キムさんは「この日は大丈夫だと思ったが、結局はその日も同じようにした。これ以上は我慢できないと判断した」と暴露の経緯を説明した。

  キムさんは「周囲にSOS信号を何度も送ったが、助けてもらえなかった」とし「誰も助けてくれないので『自分だけが秘書をやめさせられる』と思った」と語った。

  キムさんは共に民主党の大統領選党内選挙中だった昨年2月から4月まで安知事の選挙陣営で広報業務を担当した。安知事が党内選挙中に候補を辞退して忠南道庁に戻った後、昨年6月からキムさんは安知事の随行秘書に任命され、今年初めに政務秘書になった。

  キムさんは安知事から性的暴行を受けた別の被害者がいるという主張もした。キムさんは「他の被害者がいるということを知っている」とし「その人にも勇気を与えたかったし、国民が私を守ってくれるならその人も出てくると思う」と話した。

  キムさんの暴露について安知事は「性関係はあったが、合意によるものであって性的暴行はなかった」と主張した。安知事側は「近いうちに追加で立場を表明すると明らかにした。

  民主党の次期大統領候補に挙がっている安知事は今回の性的暴行疑惑で政治生命に致命傷を受ける危機を迎えた。

  民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表はこの日午後9時、国会党代表室で非公開緊急最高委員会議を開いた後、安知事に対する党除名および除名措置を発表した。秋代表は「とうていあり得ないことが発生した」とし「被害者と国民の皆様にお詫びする」と述べた。

  自由韓国党の張済元(チャン・ジェウォン)首席報道官は「党の最も有力な指導者にまで衝撃的な性醜行疑惑が浮上した民主党は歴代最悪の性醜行政党として記録されるだろう」と非難した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事