【コラム】韓国経済、再び始めよう(2)

【コラム】韓国経済、再び始めよう(2)

2016年09月05日08時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  (4)大企業は天文学的な規模で貯蓄をしているが投資はしない。先端・核心技術が不足しているからだ。一方、中小企業は投資する所は多いがお金がない。それで大企業にたまったお金が中小企業に流れるようにしようとする同伴成長アイデアが出てきた。超過利益の共有、中小企業の適合業種の選定、中小企業優先の政府購買などを通してということだ。一方で総需要、特に消費増加のために庶民の購買力を増大させる必要がある。最低賃金の引き上げ、非正規職の正規職への転換を積極的に推進しなければならない。

  (5)教育はどうだろうか。総体的に不良だという。教育には莫大な公的・私的資源がかかるが健全な常識、相当な専門知識そして未来の変化に対処できる創意性をあまねく備えた人は多くない。小中等教育は知・徳・体ではなく体・徳・知を追求しなければならない。そして政府は大学にもう少し大胆な投資をするものの自律性は今よりはるかに高めるべきだ。

  (6)政治は国民の信頼を失ってから久しい。国民が政治指導者として十分な準備なしに政治工学だけに堪能な人々を間違って選んだせいもある。それでも一国家の指導者は正しい時代精神を持って国家発展の具体的ビジョンとその実践案を提示しなければならない。そしてこれを実行するために政治的利害関係を離れて最適な人的資源を重用するリーダーシップを発揮することによって国民の信頼を得なければならない。(7)無限競争が大手を振って他人に対する配慮が消えた社会において共生の協力を期待することは難しい。健康な社会を作る共同体の精神はどこかに消えた。

  (8)正常な社会ならば正直さ、正義感と自己省察が最も手本とするべき生活規範でなければならない。しかし私たちはいまだにこのような伝統をしっかりと立てられない。結論的に韓国経済の持続発展のためには根本に戻って再び始めなければならない。上に指摘したさまざまな不足を埋めなければならない。万病に効く薬も、近道もない。国民が短期的費用に耐えなければならず、何よりも指導者が先に欲を捨てるべきだ。それでこそ皆が暮らしていける。それがまさに同伴成長の道だ。

  鄭雲燦(チョン・ウンチャン)元首相・同伴成長研究所理事長

【コラム】韓国経済、再び始めよう(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事