LG化学、米国電気自動車バッテリー事業を受注

LG化学、米国電気自動車バッテリー事業を受注

2011年07月27日16時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  LG化学は、米国のエネルギー省と自動車3社(GM・フォード・クライスラー)が共同で設立した電気自動車バッテリー開発コンソーシアム(USABC)から1000万ドルの高性能バッテリー開発課題を受注したと26日、明らかにした。 2013年までに電気自動車を大衆化するほど出力が高く低価格のバッテリーを開発するという課題だ。 LG化学は現在、GMの電気自動車シボレーボルトにバッテリーを供給しており、フォードとも電気自動車契約を締結した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事