<サッカー>CK妨害した中国女子選手の蛮行にファン激怒

<サッカー>CK妨害した中国女子選手の蛮行にファン激怒

2008年02月19日17時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  中国女子サッカー代表チームの主将・李のとんでもない行為に、韓国だけでなく中国のネチズンも怒りを表している。

  18日(韓国時間)行われた2008東アジアサッカー選手権大会女子サッカーの韓国-中国戦のロスタイム、2-3とリードされていた韓国はコーナーキック(CK)を得た。

  最後のゴールのチャンスを生かそうと選手らがゴールポストに向かった時、突然、中国主将の李がグラウンドで倒れた。 誰かとぶつかったわけでもないが、李は痛そうに顔を手で覆っていた。 典型的な‘時間稼ぎ’だ。

  規定に基づいてグラウンドから出た李は突然、CKを準備していたクォン・ハヌルの方へ走っていき、CKを妨害した。 李のとんでもない行為に主審はイエローカードを出し、すでに一度警告を受けていた李は退場となった。

  しかし試合はこれで終わった。 李が妨害したCKの機会はなくなり、試合は2-3の状況で終了した。

  この行為に対し、ネチズンから怒りの声が殺到している。 あるネチズンは「自分も腹が立ったが、これを我慢できる韓国代表チームが不思議だ。こういうことは我慢しなくてもよい」と怒りを爆発させた。また別のネチズンは「オリンピックを開催する国なら、嫌でも礼儀をわきまえるべきだ」と主張した。

  中国のネチズンも「2-3で勝ったのが敗れることよりも恥ずかしい」「こういう勝利は幼稚だ」とし、自国代表チームの醜態を批判した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事