米国、韓半島にB-1B爆撃機2機展開

米国、韓半島にB-1B爆撃機2機展開

2017年10月11日09時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
B-1B「ランサー」(写真=米空軍)
  「死の白鳥」と呼ばれる米国の戦略資産B-1B「ランサー」長距離戦略爆撃機編隊がまた韓半島(朝鮮半島)を飛行した。10日夜、B-1B「ランサー」2機が韓国空軍の2機のF-15Kと共に作戦を展開した。B-1B編隊の韓半島上空作戦は、先月23日夜の北方限界線(NLL)を越える飛行作戦から10日ぶり。

  韓国合同参謀本部は11日、「昨日夜間にわが空軍のF-15K戦闘機2機がグアムのアンダーセン空軍基地を離陸した米空軍B-1B戦略爆撃機2機と共に連合訓練を実施した」と伝えた。前回は米軍の単独作戦だったが、今回は韓国軍との連合作戦だった。

  合同参謀本部は「米B-1B編隊はKADIZ(韓国防空識別圏)進入後に東海(トンヘ、日本名・日本海)上空で仮想空対地ミサイル射撃訓練を実施し、その後は韓国側のF-15K編隊の援護を受けて内陸を通過し、西海上でもう一度、仮想空対地ミサイル射撃訓練をした」と説明した。

  過去に米国がB-1B編隊を主に昼に展開したのとは違い、最近は相次いで夜間に展開したのは、北朝鮮に対する軍事的圧力の程度をさらに高めたという解釈が出ている。今回韓半島上空に展開したB-1B編隊は韓半島の東から西に飛行する間、軍事境界線(MDL)に近づかなかったという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事