また減少に転じた韓国の自動車輸出

また減少に転じた韓国の自動車輸出

2015年08月10日10時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  一時的に回復した自動車輸出がまた減少に転じた。産業通商資源部が9日に発表した「7月の自動車産業動向」によると、7月の1カ月間の自動車輸出台数は25万8781台と、前年同月比で2%減少した。

  自動車輸出は今年に入ってマイナスが続き、6月だけ前年同月比11.8%増(28万8835台)となり輸出回復への期待感を高めたが、7月にまた減少に転じた。産業部は円安とユーロ安による競争力低下、ロシア・中南米など新興市場の需要減少などを理由に挙げた。会社別には現代自動車や韓国GM、ルノーサムスンは増加したが、起亜車と双龍車は減少した。現代は「ツーソン」など新車の投入と輸出1位(2万1461台)となった「アバンテ」の力が大きかった。さらに「i40」など計9万7772が輸出され、0.6%増となった。

  韓国GMは輸出2位の「トラックス」(2万768台)と「スパーク」「マリブ」など乗用車の輸出が増えて29.1%、ルノーサムスンは日産委託生産車が対米輸出の好調を維持して70.9%増加した。一方、起亜は新車「K5」を中心に主要モデルが国内市場に集中し、新興市場の委縮で5.9%減少した。

  イ・サンジュン産業部自動車航空課長は「起亜がK5の新モデルを出し、旧型モデルの需要が急減している」とし「輸出全体の40%近く占める起亜の輸出実績の影響が大きい」と述べた。また、双竜車は主力市場のロシアへの輸出中断などで、前年同月比36.3%減の3603台の輸出に終わった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事