<平昌五輪>マスコットの顔文字が人気爆発…日本・中国にも配布

<平昌五輪>マスコットの顔文字が人気爆発…日本・中国にも配布

2018年01月05日16時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
発売6時間半で「売り切れ」となった五輪マスコット「スホランとバンダビ」の顔文字。(写真=平昌五輪組織委)
  2018平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)組織委員会(以下、組織委)が2日から配布を始めたカカオトーク用「スホランとバンダビ」の顔文字がネットユーザーの間で大人気を呼んでいる。組織委が平昌五輪の顔文字をリリースしたのは一種の「ニッチマーケティング」だ。後援支援金および寄付金の誘致、五輪ゲームのチケット販売など大金を儲ける事業ではないが、五輪に対する関心を高めて肯定的なイメージ拡大のために進めるアイテムだ。安い費用に実用性と便宜性を加えて誰もが気軽に利用することができるように企画・製作したのが特徴だ。

  実際に、スホランとバンダビの顔文字はネットユーザーの間で爆発的な人気を呼んだ。午後2時に配布を始めて6時間半が過ぎた午後8時30分ごろ、あらかじめ準備した数量(10万個)がすべて品切れになった。顔文字の無料配布イベントが終わった後にもネットユーザーは依然とした関心を見せた。ネットユーザーは顔文字が品切れになったという便りに「先着順10万人に入れなかったが、後にでも(顔文字を)ダウンロードすることができる方法があるのか」「追加配布する計画がなければ、購入でもしたい」などの反応を見せた。

  組織委は追加配布を求める声が高まると、3日に「同じ顔文字20万個をさらに配布することに決めた」と明らかにした。組織委広報部マネジャーのイ・ギュサンさんは「2016年6月と昨年3月にも同様なコンセプトの五輪の顔文字10万個を無料で配布した」とし「当時は消耗する時まで10日近くかかったが、今回はわずか数時間ですべてが品切れになって驚いた。五輪の幕開けが近づき、関心度が高まっているという肯定的信号に読まれる」と話した。また「五輪の顔文字は韓国国民がカカオトークを活用したコミュニケーション方式に慣れているだけでなく、積極的に顔文字を使うという調査結果を踏まえて企画した。2カ月程度の開発期間に10人余りが顔を突き合わせて作った。五輪を勢いづかせることに寄与したようで満足する」と付け加えた。

  組織委は近いうちに日本と中国にも五輪の顔文字を配布する。両国国民が大衆的に活用するメッセンジャーサービスであるLINE(日本)、微博(中国)などと協議中だ。国際オリンピック委員会(IOC)と手を握ってツイッター、フェイスブックなどグローバルソーシャルメディアにも五輪広報に向けて広報用アイテムを発売するための努力も続けている。

  安価で質の良い生活必需品で五輪を広報する方式も好評されている。昨年、熱い人気を得た「平昌ロングダウンコート」が代表的だ。平昌五輪の英文スローガンである「Passion.Connected.(一つになった情熱)」が書かれたこの製品は「コスパが高い」という口コミが広がり、活発に売れた。全体生産物量である30万枚が発売されるやいなやすべて売れ切れた。グースダウン(ガチョウ毛の充電材)で作っても一般の販売価格の半分以下である14万9000ウォン(約1万6000円)で販売した戦略が奏功した。その後、発売された「平昌スニーカー」も安い(5万ウォン)が、天然牛革材質で作ったという口コミが広がり、20万足が早目に売り切れとなった。ソン・ベクユ組織委報道官は「平昌五輪の幕開けを控えて後援・寄付金の総額が目標値(9400億ウォン)を上回る1兆ウォンを超えた」としながら「五輪の成功的な開催に向けた金銭的な土台が整えられただけに、残りの期間に平昌五輪の価値と関心度を高めることができる案を多角的に立てるだろう」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事