韓国外交部、「米ワールプール洗濯機のセーフガード請願は不当」

韓国外交部、「米ワールプール洗濯機のセーフガード請願は不当」

2017年09月08日15時59分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国際貿易委員会(ITC)で開かれた公聴会で韓国政府はワールプールが請願した家庭用洗濯機のセーフガードが不当だと主張した。

  韓国外交部輸入規制対策班は7日(現地時間)、米国ITCで開催された「大型家庭用洗濯機」に対するセーフガード調査の公聴会に参加し、韓国企業の洗濯機輸入による米国内産業被害はなかったと指摘した。

  ワールプールは、サムスンとLGが中国とメキシコで洗濯機を生産して輸出し、米国がこの国に反ダンピング関税を課すると、タイとベトナムに生産地域を移して迂回ダンピングをしたと主張した。これに対し、特定数量以上に輸入される洗濯機に反ダンピング関税を課してほしいとITCに要請した。

  外交部対策班は、サムスン、LGなど韓国企業が持続的な技術革新と新製品開発で米国消費者の厚生を増進させ、米国内現地投資を通じて米国地域の経済に寄与したと強調した。

  サムスンとLGの昨年の対米洗濯機輸出額は13億3000万ドル(約1432億4800万円)だった。ITCは10月5日までにワールプールの反ダンピング関税賦課の要請について判断する計画だ。韓国外交部は「今後も韓国業界の被害を最小化するために、関係部署、業界、協会などと協業して今後の調査手続きに積極的に対応していく計画」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事