少子高齢化が急速に進む韓国 2032年には人口成長率0%に

少子高齢化が急速に進む韓国 2032年には人口成長率0%に

2017年03月24日07時45分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の人口が2031年にピークに達した後、持続的に減少するという見通しが出された。

  23日、韓国統計庁が発表した「2016韓国の社会指標」によると、現在5125万人の韓国の人口は2031年5296万人でピークを迎えた後、減少に転じる。昨年0.45%を記録した韓国の人口成長率は2032年に0%を記録した後、2060年には-0.97%水準になるとされている。

  65歳以上の人口比率は昨年13.2%水準だったが、2020年には15.6%、2030年24.5%、2040年32.8%、2060年41.0%と増加していくという。反面、生産可能人口(15~64歳)は2060年に全体人口の半分以下の49.6%にまで落ち込む。

  幼少年人口(0~14歳)比率も落ち続ける。昨年は13.4%だったが、2060年には9.4%まで下がるという分析だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事