米軍事専門家がCNNインタビューで明かした米朝戦争の「シグナル」

米軍事専門家がCNNインタビューで明かした米朝戦争の「シグナル」

2017年08月10日13時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金正恩(左)委員長、トランプ米大統領(右)。
  8日(現地時間)、トランプ米大統領が北朝鮮を狙って「化炎と怒り」(Fire and fury)という表現を使って警告した。これに対し、北朝鮮は10日まで相次ぎ「グアム包囲射撃」を言及した。互いに発言の度合いを高めている様相だ。

  しかし、米CNNは米国の戦争準備には数カ月がかかるとし、韓半島(朝鮮半島)の緊張状態が戦争に近いものではないと報じた。CNNは米国の開戦シグナルとして韓半島に住んでいる米国人に対する脱出措置を挙げた。

  9日(現地時間)、CNNはCNNの分析家で元米陸軍のマーク・ハートリング氏を引用して米国が戦争を始めるには、まず韓国に住んでいる数万人に達する米国人が先に脱出しなければならないと伝えた。まだ韓国でこのような動きは察知されておらず、戦争が差し迫っていると判断することはできないということだ。

  ハートリング氏は「どうすれば韓国にいる米国人を救うことができるかを先に考えるべきだ」と話した。韓国の外に駐留中である米軍の軍事的な増員も必要な部分だ。ハートリング氏は「米国海軍の戦艦と潜水艦、これに日本とグアム郊外周辺で作戦を展開する爆撃機などを支援する必要がある」と明らかにした。米国がこのような作戦を準備するのに数カ月がかかるという分析だ。

  また、北朝鮮はソウルを狙って長射程砲を照準している。分析によると戦争開始直後、ソウルだけで数万人の死傷者が発生する可能性が高い。これに対し、米国がもし北朝鮮と開戦を決心すれば、長射程砲を先に除去する必要があるというのがCNN分析家の説明だ。ただし、このためには大規模の空軍兵力が必要だ。

  CNNは北朝鮮との戦争は、人口が最も密集している地域である北東アジアに大きな人命被害をもたらしかねないとし、実際の戦争の可能性は低いと分析した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事