クイズ王圧勝・東京大入試準備中の日米スパコン登場、韓国は?

クイズ王圧勝・東京大入試準備中の日米スパコン登場、韓国は?

2014年05月13日09時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
IBM人工知能コンピューターのワトソンは2011年、クイズショー『ジョパディ』に出演して人間のチャンピオンに圧勝した。(写真=中央フォト)
  モバイル端末で使う知能型音声認識サービスの機能は制限的だ。アップルのSiriやグーグルナウが利用者の情報を本社のコンピューターサーバーにデータベース(DB)として蓄積して分析、再びこれを基に自ら学習して次元の高いサービスを提供する。だが全世界の数多くのスマート端末のユーザーを相手にするには不足している点が多い。コンピューターサーバーのパワーとDBセンターの容量に限界があるためだ。「手の中の秘書」は便利だが、能力の限界は明らかというわけだ。

  一方、スーパーコンピューターなどを活用した人工知能コンピューターの性能は、ずば抜けて優れている。代表的な人工知能がIBMのスーパーコンピューター、ワトソン(Watson)だ。2011年2月に米国ABC放送のテレビクイズ番組『ジョパディ』に出演し、歴代最強のクイズ優勝者を軽く退けて全世界の人を驚かせた。司会者が質問をするとワトソンは、人間のクイズチャンピオンに考える間も与えず解答を求めて流暢な音声で答えた。ワトソンの演算・推論能力が人間の能力を超えたということだ。

  IBMはワトソンを医学用人工知能スーパーコンピューターとして市場に出す計画だ。医師が患者について最終診断を下す前にワトソンコンピュータに症状を尋ね、病名と原因は何か、治療はどのようにするかについての助言を受ける形式だ。膨大なデータとこれを土台にした人工知能の分析によって、誤診を大きく減らせるという判断だ。IBMは今年3月末、ワトソンがニューヨーク知能センター(NYGC)と協力して遺伝子の医学時代を操り上げるためのプロジェクトを進めると明らかにした。

  人工知能の進化速度は、時間が経つほどさらにスピードアップしている。未来学者カーツワイル氏は著書『The singularity is near』で、2029年ごろになれば人間の脳性能と変わらない人工知能が現れ、その後、人工知能は飛躍的に発展して2045年ごろには人間の知能を数十億倍も凌駕するという予測も出した。

  韓国も人工知能の開発に手放しでいるわけではない。未来創造科学部は昨年5月、人とコミュニケーションが可能な人工知能「エクソブレイン(Exobrain)ソフトウェア」開発のために大規模投資に着手すると発表した。エクソブレインは、体の外側の人工頭脳を意味する。プロジェクトは計3段階、10年過程で進められる。事業が完了する2023年までに政府予算800億ウォン(約80憶円)に民間投資270億ウォンを加えて計1070億ウォンの研究費が投入される。研究開発(R&D)には韓国電子通信研究所(ETRI)や韓国科学技術院(KAIST)、浦項(ポハン)工科大学、民間企業のソルトルックスなど26の研究機関が参加する。目標はひとまず「ワトソン追跡」だ。2017年にはIBMのワトソンのように人間とクイズ対決をして、2020年頃には法律・医療・金融分野の専門家とコミュニケーションして判断を下すサポートができるレベルまで引き上げることが目標だ。

  日本ではすでに2010年にスーパーコンピューターを利用した人工知能開発計画「Todai Robot Project(ロボットは東大に入れるか)」を始めている。研究が完了する2021年にはロボットが学生たちと同じ条件で東京大学の入学試験を受けて合格するとの目標を立てた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事