中国がメモリー半導体市場に進出すれば韓国企業への打撃は不可避

中国がメモリー半導体市場に進出すれば韓国企業への打撃は不可避

2018年05月09日13時24分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国のメモリー半導体産業進出が成功裏に進められる場合、4年後に韓国のメモリー半導体企業の売り上げが約78億ドル縮小するという韓国政府の報告書が出されたと韓国の電子新聞が8日付で報道した。

  韓国技術振興院がまとめた「中国メモリー半導体産業進出にともなう国内外波及効果分析と対応戦略研究」によると、2022年に韓国のメモリー半導体企業の予想売上額は695億ドルだが中国企業が競争力を持つ場合には67億ドル少ない628億ドルと予想された。

  同じようにNAND型フラッシュ分野も中国企業が成功裏に進出する場合、2022年に韓国企業の売り上げは376億ドルから365億ドルに11億ドル減ると予想された。

  現在中国に建設している現地企業のメモリー半導体製造施設はDRAM2カ所、NAND型フラッシュ1カ所の3カ所だ。生産開始時期はいずれも今年下半期としている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事