文大統領のヘリ、世界最強トランプ大統領のヘリに勝った理由は?

文大統領のヘリ、世界最強トランプ大統領のヘリに勝った理由は?

2017年11月09日09時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領が就任後初めての外部行事に参加するために5月12日ヘリコプターに乗って青瓦台で移動している。(写真=青瓦台写真記者団)
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ米大統領は8日午前に非武装地帯(DMZ)にある板門店(パンムンジョム)をともに訪問しようとしたが、気象悪化により計画を取り消した。北朝鮮の挑発威嚇が続く状況で両国首脳が最前方をともに訪ね韓米同盟の堅固さを強調できる機会が天候のために失敗に終わったのだ。

  トランプ大統領はDMZ訪問が失敗に終わった後も参謀陣に「国会演説後にDMZを訪問できないか」と再び確認するほど計画に影響が出たことを残念がったという。

  気象庁によると、この日午前は霧だけでなく黄砂の影響によりDMZ周辺の空は霞んだ状態だった。

  こうした中、韓国と米国の首脳の専用ヘリコプターが同じ天候だったのに異なる動きを見せたことに対し関心が集まっている。文大統領は専用ヘリに乗りDMZ近くまで飛んだが。トランプ大統領は京畿道坡州(キョンギド・パジュ)近くで引き返したためだ。

  単純に性能だけみれば米大統領専用ヘリである「マリンワン」が韓国の大統領専用ヘリより優れているというのが定説だ。明らかになっている最高時速などの性能だけ見ればマリンワン(VH-60Nホワイトホーク)と韓国大統領の専用ヘリ「シコルスキーS-92」の性能差は大きくないとみられる。マリンワンは最高速度が時速295キロメートルに達し、最大上昇高度は5790メートルに達する。昼夜の区別なく全天候運航が可能で、熱追跡ミサイルに対抗する装備と電磁波攻撃に対する防御能力も備えている。「シコルスキーS-92」も最高時速が295キロメートルに達し、レーダー警報受信機、赤外線妨害装置、ミサイル追跡回避装置など敵から防御できる能力がある。だがマリンワンの場合、一級機密として管理されている性能もまた相当なものという。

  だが軍と青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者らの説明を総合してみると、今回の事案は性能とは大きく関係のない事例に該当する。霧に厚く覆われた天候では大統領専用機ほどのスペックを備えたヘリの間では性能差に大きな意味はないということだ。

  軍関係者は「霧によって視野が確保されていない状況では、どのヘリの性能がさらに良いかというのは無意味だ。性能ではなく当時ヘリが置かれた状況を見る必要がある」と話した。

  通常VIPを乗せるヘリは高度600フィート(約183メートル)上空で視野が確保されれば運航するという。簡単に言えば高度180メートルから地面が見えなければならないということだ。それでこそ山や高層ビルなどの障害物に会っても避けられるためだ。また、前方視野は最小1.5マイル(約2.4キロメートル)以上確保されなければ運航できないという。軍関係者は「VIPヘリの場合、安全基準自体は大差ないだろう」と話した。

  実際この日の坡州地域の視程距離は午前8時に0.87キロメートルほどだった。

  ヘリが運航する際の危険度が出発時間と動線により変わることも影響を及ぼす。ソウルから大田(テジョン)に行く途上の天候と釜山(プサン)から大田に行く途上の天候は当然違うためだ。ジェット機に比べ安全視野をさらに確保しなければならないヘリの場合、動線が少し変わっただけでもそのヘリが置かれる状況は大きく変わりかねない。

  そうした点から文大統領とトランプ大統領がそれぞれ離陸した場所が違うことも大きな変数になったという解釈ができる。文大統領とトランプ大統領はそれぞれ青瓦台と竜山(ヨンサン)の国防部から離陸したという。2カ所の距離は直線で概ね6キロメートルほどだ。青瓦台から板門店までの距離が直線で概ね50キロメートルほどということを考慮すれば出発地の差が大きな変数として作用する可能性がある。

  また出発時間も変数だった。文大統領は午前7時1分、トランプ大統領は午前7時43分に離陸したという。霧の状況は時々刻々と変わるため42分の差がトランプ大統領一行のヘリ運航をさらに難しくさせたとみられる。

  合わせて韓国の地形に慣れているかも差を生み出す。マリンワンの操縦士が優れた実力を備えているというのは有名な話だ。米第1海兵ヘリ飛行大隊(HMX-1)に所属する最精鋭操縦士70人のうち3年間の厳しい訓練を通過した4人の操縦士だけがマリンワンを操縦できる資格を得るためだ。もちろん韓国大統領のヘリ操縦士も最精鋭空軍要員だ。

  だがマリンワンの操縦士は韓国の操縦士より韓国の地形に慣れていない。青瓦台関係者は「立派な操縦士でも韓国の地形に不慣れな状況で天候まで良くなければ当然保守的に対応するほかないのではないか」と話した。同じ条件ならば韓国大統領のヘリが韓国では運航しやすいという話だ。

  また、中間寄着地の有無も変数として作用した。別の青瓦台関係者は「われわれは気象悪化時にDMZに行く前に中間に着陸できる軍部隊があった。だが米大統領のヘリにはそうした場所がなかった」と話した。文大統領はヘリで移動し霧が激しいためDMZ近くの軍基地に着陸した後、車でDMZまで移動した。だがトランプ大統領は上空で引き返さなければならなかった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事