高銀氏「恥ずかしいことはしていない、執筆続ける」 英国出版社通じて強制わいせつ否定

高銀氏「恥ずかしいことはしていない、執筆続ける」 英国出版社通じて強制わいせつ否定

2018年03月05日14時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
高銀氏
  韓国の著名な詩人、高銀(コ・ウン)氏が英国出版社を通じて強制わいせつ疑惑を全面的に否定し、執筆活動を今後も続けていくとの立場を明らかにした。関連の疑惑が大きくなった後、高氏自身が自身を公式に弁護したのは初めてだ。

  英国紙ガーディアンは2日付(現地時間)の「詩人高銀、セクハラ暴露後、韓国教科書から消される」というタイトルの記事を通じて、高氏は疑惑を否定したと伝えた。

  高氏は「私は最近の疑惑で自分の名前が取り上げられたことに対して遺憾に思う。私はすでに自分の行動が招いたかもしれない、意図せぬ苦痛に対して悔いた」としつつも「だが、私は何人かが提起した常習的な非行(habitual misconduct)に対する非難は断固として(flatly)否定する」と付け加えた。高氏はまた「真実が明らかになって論争が整理される時まで待つべきだが、事実と脈絡がすぐに伝えられない外国の友人に確言できるのは、自分自身や妻に恥ずかしいことはしていないということ」と語った。

  高氏は続いて「一部から提起されている常習的なセクハラ疑惑をきっぱりと否定する」とし「今すぐ言えることは、私がひとりの人間として、また詩人として名誉を守り、執筆を続けていくのを信じるということ」と疑惑を完全否定した。

  同紙は高氏の作品を英語圏に翻訳して出版してきた出版社Bloodaxe Booksが高氏の文学を引き続き支持するという立場も紹介した。

  Bloodaxe Book編集者のNeil Astley氏は「高氏が腫瘍治療のため病院に先月入院して現在回復に向かっているところだが、手術と彼に加えられた公的非難の結果で衰弱した状態」とし「高氏の詩を教科書から消し、韓国の最も優れた作家の一人として彼が受けてきた特権を放棄しろとの圧力が続いているが、これは非常に極端な反応」と述べた。

  高氏は韓国メディアのインタビューの提案には一切応じないでいる。中央日報は高氏に接触を試みたが、電話ができなかった。

  高氏の強制わいせつ疑惑を暴露した詩人の崔泳美(チェ・ヨンミ)氏は4日午後、フェイスブックに「私が怪物についてメディアを通じて述べた言葉や文章は事実」として高銀の立場に対して反論し、「文化芸術界の性的暴力を調査する公式機構が発足したらそこで詳細に明らかにする」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事