韓国特使と会談の安倍首相「やはり会ってこそ誤解解ける」

韓国特使と会談の安倍首相「やはり会ってこそ誤解解ける」

2017年05月19日08時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  少女像設置などの問題でこう着状態を繰り返してきた韓日両国が、早期首脳会談開催およびシャトル外交再開などに共感し、関係改善の意志を見せた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使の文喜相(ムン・ヒサン)共に民主党議員が18日、安倍首相と会談した席でだ。慰安婦合意問題は両国がそれぞれの立場を陳述するところから進んでいない。

  文特使は安倍首相に文大統領の親書を渡しながら「未来志向的に発展していこうという思いを込めている」とし「文大統領は首脳間の早期会談と盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領時代などの(韓日間)シャトル外交の復元まで希望している」と説明した。A4用紙2枚分の親書は、文在寅政権の対外戦略や慰安婦合意など対日政策の方向に触れている。

  安倍首相は2015年末の韓日慰安婦合意について「慰安婦」という表現を使わず「一昨年の合意も国家間の合意であるだけに未来志向のために着実に履行していくことを望む」と述べた。続いて「昨今の両国関係は多くの人々が友好関係を築いてきた結果であり、さまざまな問題をうまく管理し、障害にならないよう発展していかなければいけない」と話した。

  これに対し文特使は「国民の大多数が情緒的に慰安婦合意を受け入れていないのが現実。これに基いて賢く克服しよう」と述べた。文大統領も11日、安倍首相との電話競技で慰安婦合意について「我々の国民の大多数が情緒的に受け入れていないのが現実」と話していた。

  安倍首相は韓国大統領選挙中に文大統領が「当選すれば北を先に訪問し、開城(ケソン)工業団地を再開する」と述べたことについて真意を尋ねた。これについて文特使は「北核問題の解決ができるなら」「北核問題が解決される過程で」などの前提条件がある発言だったと伝えると、「やはり会って話をしてこそ誤解が解ける。頻繁に会うべきだというのが文特使の説明を聞いて分かった」と話した。

  文特使は会談後、記者らに対し「和気あいあいと、真摯な雰囲気で、率直に対話した」とし「新政権発足の意味と対外政策の方向を詳しく説明した。特に安倍首相は北の核問題に関心が多く、長く討論した」と伝えた。続いて親書の核心について「頻繁に会って頻繁に往来しようということであり、シャトル外交の復元を(安倍首相に)話したところ、快くそうしようと答えた」と説明した。韓日首脳会談は7月に独ハンブルクで開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議期間に行うことが検討されている。

  特使団の一員の尹昊重(ユン・ホジュン)民主党議員は「全般的に北の核への共同対応の必要性に共感する雰囲気であり、慰安婦問題は少し追加された対話だった」と説明した。同席したキム・ソンベ国家安保戦略研究院研究委員も「80%は韓日関係の発展と北核問題に対する連携だった」とし「敏感な懸案の話は短かった。(安倍首相と文特使は)韓日関係の安定した管理を繰り返し強調した」と伝えた。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事