【コラム】韓米FTA改正、同盟間の信頼を基盤にせよ

【コラム】韓米FTA改正、同盟間の信頼を基盤にせよ

2017年08月10日13時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓米自由貿易協定(FTA)改正に向けた手続きが始まった。米国は韓国に送った書簡で韓米FTA改正の目標を明確にした。韓米両国間の貿易不均衡を解消するということだ。米国側の主張の核心は、韓米FTA発効からの5年間で米国の対韓貿易赤字が2011年の132億ドルから2016年には276億ドルに増えたが、これは韓米FTAが米国に不利に作用した結果ということだ。

  韓国政府や産業界は当惑している。文在寅(ムン・ジェイン)・トランプ首脳会談が終わってわずか12日でいわゆる「FTA請求書」が飛んできた上に、米国の主要交渉目標が韓国の一方的な譲歩を要求しているためだ。韓国政府は両国間の貿易収支不均衡の原因から調べようと要求し最大限時間を稼ぐ考えのようだ。しかし韓米FTA改正のための米国との交渉テーブルに座る前に新政権は2つの重要な選択をしなければならない。

  まずどのようなFTA政策を追求するのかを決めなければならない。過去の政権のようにいわゆる開放型通商国モデルを持続して追求するのか、そうでなければ韓国の政策的自律性と社会統合の維持を優先する方向でFTA政策を変更するのか。この根本的な問題に対する新政権の立場が整理されてこそ米国とのFTA交渉に積極的に臨むことができる。文在寅政権は韓米FTA改正交渉を控えFTA政策の方向と目標をどこに置くのかを選択しなければならない。

  次に、米国が要求する貿易収支不均衡解消にどのように対応するのかを決めなければならない。自由貿易の原則からは外れても貿易不均衡解消の目標を設定して韓米貿易関係を管理していくのか、そうでなければ多者的自由貿易秩序の原則に基づき米国と強力に交渉をしていくのか。韓国国内の政治的波紋を考慮すると、貿易交渉は利益の均衡を達成しなければならない。それなら何を譲歩して何を得るのかを選択しなければならない。このためには産業界と緊密に協議し、韓国が米国に要求することと譲歩することを整理しなければならない。要するに、韓米同盟と韓米FTAの関係と未来に対する選択をし、これを基に韓米FTA改正交渉に臨まなければならない。過去韓国はたびたび軍事同盟を前面に掲げて米国に経済的譲歩を要求した。しかし現在の米国はこれ以上そうした境遇にはなれない。毎年5000億ドルを超える貿易収支赤字に耐えられないためだ。

  韓国も同様だ。いつまでも米国に安保を依存することはできない。ただし韓国の実力では堪えられない理想主義的目標を掲げ安保も失い経済も失う愚を冒してはならない。新政権のFTA政策と韓米同盟管理の大きなビジョンが提示されなければならない。それでこそ韓米FTA改正交渉に慌てず主導的に臨めるはずだ。

  チョン・ジニョン/慶熙(キョンヒ)大学国際学科教授
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事