平昌パラリンピックを迎えて世界平和に貢献した企業家らが韓国に集まる

平昌パラリンピックを迎えて世界平和に貢献した企業家らが韓国に集まる

2018年03月05日14時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
左からキレリー氏、マルチンス氏、バンダーベルト氏
  9日に開幕する平昌(ピョンチャン)パラリンピックを迎えて世界平和に貢献した企業家が韓国に集まる。2018グローバルビジネス平和賞の受賞のためだ。

  今回の平昌パラリンピックを控えて7~8日にはソウルで授賞式とシンポジウムが開催され、参加者は9日に平昌に移動してパラリンピック開会式に参加する計画だ。今回のグローバルビジネス平和賞授賞式とシンポジウム行事の組織委員長は共に民主党の李錫玄(イ・ソクヒョン)議員と正しい未来党の鄭柄国(チョン・ビョングク)議員が、執行委員長は金星坤(キム・ソンゴン)国会事務総長が引き受けた。国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・コリア(GCNK)やソウル特別市、江原道(カンウォンド)が共同後援する。

  賞はパートナーシップおよび共同努力部門と宗教の自由およびビジネス映画賞部門、平和維持および公共政策参加部門と核心事業部門、韓半島(朝鮮半島)平和企業家部門に分かれる。オーストラリア最大の海外援助財団を設立したスティーブ・キレリー(Steve Killelea)氏と英語教授から始めて2013年フォーブス誌が選定した最も豊なブラジル人ランキングに入った起業家のカルロス・ウィザード・マルチンス(Carlos Wizard Martins)氏などが賞を受ける。女性受賞者の中では2020年までに10億人の女性の権限を強化することを目指しているEBW 2020(Empowering a Billion Women by 2020)のイングリッド・バンダーベルト(Ingrid Vanderveldt)氏が目につく。韓半島平和企業家賞は現代牙山(ヒョンデアサン)の故チョン・モンホン元会長と開城(ケソン)工業団地企業協会のチョン・ギソプ名誉会長、柳韓キンバリーのチェ・ギュボク代表理事社長が受賞する。

  執行委員長である金星坤(キム・ソンゴン)国会事務総長は「行事のために韓半島部門を特別制定した」として「南北関係においても経済協力が平和のきっかけをつくることができるということから、企業が平和の定着にも貢献できるという点を想起させる契機になってほしい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事