現代・起亜車、18年ぶり販売台数減少

現代・起亜車、18年ぶり販売台数減少

2017年01月03日09時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代・起亜車のグローバル販売台数が2013年以来3年ぶりに800万台を割った。自動車業界によると、現代・起亜車は2016年、国内外で788万台を販売した。増加を続けてきた現代・起亜車の販売台数が減少したのは、通貨危機の直撃弾を受けた1998年以来18年ぶり。

  2016年の現代車のグローバル販売台数は486万台と、前年比2.1%減となった。特に国内販売が前年比7.8%減少した。国内自動車5社のうち国内販売が減ったのは現代車が唯一。現代車の関係者は「過去最長のストライキによる生産への支障、消費不振の影響で内需が減少した」と説明した。

  起亜車の販売台数は302万台と、前年比1%減少したが、国内販売は前年比1.4%増加した。「スポーテージ」「ソレント」「ニロ」などSUVの販売が好調だった。現代・起亜車は新興国などを中心に消費が増えると予想し、今年は過去最高となる825万台を販売目標に設定した。

  韓国GMは昨年59万台を販売した。輸出は減少したが、国内で18万台を販売し、2002年の会社設立後、最高の国内販売実績となった。前年の国内販売台数(15万8404台)に比べ14%増えた。「スパーク」「マリブ」「トラックス」などの新車が善戦した。

  昨年、SM6・QM6を発売したルノーサムスン車は25万台を販売した。前年比12%増で、2010年以降の最多販売となった。特に国内販売が前年比39%増加した。

  双龍車は「チボリ効果」で15万台を販売した。前年比8%増で、2002年以来14年ぶりの最高実績となった。2015年1月に発売した「チボリ」が販売の56%(8万5821台)を占めた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事