“共に生きる能力”韓国の生徒は世界最低レベル…IEA調査

“共に生きる能力”韓国の生徒は世界最低レベル…IEA調査

2013年05月31日10時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の生徒たちの“共に生きる能力”は世界最低レベルだ。人格や配慮について本から学ぶだけに過ぎず、直接実践する機会が少ないことが大きな理由のようだ。

  国際教育協議会(IEA)は2009年、各国の生徒たちの市民意識を測定するため36カ国の中学生14万人にアンケート調査を行った。その結果、韓国の生徒たちの市民意識についての知識は、フィンランド・デンマークに続き3位であった。しかし「地域社会のために寄付・奉仕活動をするつもりがあるか」などを尋ねる関係指向性、社会的協力の領域では最低であった。ソウル教育研究情報院のファン・ソンジュン院長は「生徒たちが人格を頭ではよく理解しているけれども、生活の中で実践するのは積極的ではないという意」としながら「幼いころから人格を内面化して実践できるようにする教育が必要だ」と指摘した。

  先進国ではこのため多様な人格体験プログラムを運営している。米国の小中高の教育機関である人格教育協会(CEP)は、生徒たちが国語・歴史の時間に偉人伝を読んでその人物の人生や信念について討論するよう誘導する。芸術教育もやはり欠かせない。音楽を聴いて自身の人生について考えるようにする授業が代表的だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事