トランプ氏「金正恩氏と何回か会うだろう」…後続首脳会談を示唆

トランプ氏「金正恩氏と何回か会うだろう」…後続首脳会談を示唆

2018年06月12日16時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国のドナルド・トランプ大統領が12日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と共同合意文に署名した後、記者団と会って後続首脳会談の可能性を示唆した。

  トランプ大統領と金委員長はこの日、シンガポールのセントーサ島で開かれた米朝首脳会談後に署名した合意文を手に、通訳を入れずに会話をしながら、初めて握手を交わした場所に戻ってきた。トランプ大統領の手には赤色の合意文が、金委員長の手にはやや暗めの色の合意文があった。

  トランプ大統領は記者団の質問に「(金委員長は)本当に素晴らしい交渉当事者だと考える。非常に立派な方でとても賢明でスマートな方だ」と称賛した。

  続いて「今日、互いについて多くのことを知ることになり、それぞれ国に対しても多くのことを知ることになった」と付け加えた。

  ある記者は「(金委員長は)どんな人だと分かったか」と尋ねると、トランプ大統領は「多才多能だ。国を愛する方だということを知った」と答えた。

  その後、2人は再び言葉をかわしたが、声が小さくて内容は聞こえなかった。首を縦に振って笑顔を浮かべた金委員長が先に席を立ち、トランプ大統領は記者団に向かって「我々は再び会うだろう。我々は何度も会う」と述べて、後続首脳会談を何度か開催する可能性があることを示唆した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事