韓半島にくるという米空母、反対方向に移動中?

韓半島にくるという米空母、反対方向に移動中?

2017年04月19日11時16分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米空母「カール・ビンソン」(中央フォト)
  北朝鮮の挑発に対応するため韓半島海域に展開する予定だった米原子力空母「カール・ビンソン」(CVN70)の航路に多くの疑問点が浮上している。

  ワシントンポストは18日(現地時間)、「カール・ビンソン」が韓半島(朝鮮半島)から反対方向に移動していると報じた。

  当初、米太平洋司令部のハリス司令官は8日、米海軍の空母がシンガポールから北に移動し、西太平洋に進入するよう命令したと発表した。マティス米国防長官も11日、「カール・ビンソン」が「その地域に北上移動中」と明らかにした。

  米国防総省の関係者はこの日、AFP通信に「『カール・ビンソン』は豪州の北西側の海上にある」とし「豪州と連合訓練を終えたところで、24時間以内に北側に向かって出発するだろう」と明らかにした。

  この関係者は「カール・ビンソン」が早ければ来週中に韓半島に到着すると伝え、ジャワ海から東海(トンヘ、日本名・日本海)まで数千マイルにのぼる距離のためと説明した。

  「カール・ビンソン」の韓半島展開は、横須賀の「ロナルド・レーガン」と西太平洋に追加で投入される「ニミッツ」まで米国が3隻の空母を韓半島近隣に集結させるという観測につながり、韓半島4月危機説を増幅させる要因にもなった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事