日本を刺激した「独島エビ」、実は安倍氏も接待で使ったイセエビ?

日本を刺激した「独島エビ」、実は安倍氏も接待で使ったイセエビ?

2017年11月09日08時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
青瓦台が韓米首脳晩さん会で提供した独島エビ
  青瓦台(チョンワデ、大統領府)が今月7日、ドナルド・トランプ米国大統領のための国賓晩さん会で「独島(ドクト、日本名・竹島)エビ」料理を提供したことでエビが韓日関係の敏感な象徴に浮上した。日本政府はいきり立って抗議までしたが、実際にトランプ大統領が韓日両国で食べたエビは名前が全く同じであることが明らかになった。

  独島エビは独島周辺で獲れるサルエビ、イセエビなどを称する言葉で、種ではなく産地を強調した表現だ。青瓦台は晩さん会に独島エビが入った雑菜(チャプチェ)を出した。青瓦台はこの材料を選んだ理由については明らかにしていないが、旧日本軍慰安婦被害被害者を扱った映画『アイ・キャン・スピーク』の実際のモデルである李容洙(イ・ヨンス)さんも晩さんに招待されていたことから独島エビが日本を狙ったものだという解釈があった。

  偶然にも、トランプ大統領は今月5日に日本に訪れた後、安倍晋三首相とともに東京銀座の高級鉄板焼き専門店「うかい亭」で三重県沖の太平洋で獲れたイセエビで作ったビスク(スープの一種)を食した。

  青瓦台関係者は7日、「晩さんで提供された独島エビはイセエビ」と述べた。青瓦台の説明通りなら、トランプ大統領が韓国と日本で同じ名前のエビを食べたということだ。ただし、日本のイセエビは独島周辺のイセエビよりも大きいという。

  こうした中、青瓦台の料理として登場した独島エビを自分が獲ったと主張する漁夫も登場した。慶尚北道鬱陵郡(ウルルングン)で17年間、エビ漁に携わってきたパク・ジョンヒョンさん(46)は「晩さんで提供された大きさの独島エビは鬱陵島・独島近海だけで獲れる」とし「鬱陵島で独島エビを獲っている漁船2隻のうちソウルに納品しているのは我々だけ」と言って名乗り出た。あわせて、青瓦台の説明とは違い、青瓦台の晩さんで提供されたのは、トヤマエビとイセエビ(イバラモエビ)、サルエビ(モロトゲアカエビ)など3種類の独島エビのうちトヤマエビだと主張した。

  青瓦台は購入場所を明らかにしなかった。

  だが、パクさんからエビを購入した卸売業者のソ・ドングクさん(46)は晩さん2日前の今月5日、スーツ姿の3人の男が黒のスポーツ用多目的車(SUV)で乗り付け、京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)付近の人通りが少ない国道で独島エビ5キロを購入したことを思い出した。ソさんは「妙な雰囲気だったが、特に身分を明らかにしなかったので、彼らが青瓦台関係者だとは確信できない」としつつ「だが、そのような形の取引が非常に珍しいのは確実」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事