「ソウルはあたたかく、友達のよう」 防弾少年団が歌うソウル広報ソング

「ソウルはあたたかく、友達のよう」 防弾少年団が歌うソウル広報ソング

2017年12月06日15時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
防弾少年団
  人気アイドルグループの防弾少年団(BTS)が世界に向けてソウルを広報する。

  ソウル市は防弾少年団のソウルのPRソング『WITH SEOUL』を6日午後12時以後に公開する。「ソウルソング」とも呼ばれるこの歌は、国楽を連想させるリズムとポップ的なメロディが融合している。歌詞には「ソウルはあたたかく、友達のようで、楽しさがある」というメッセージが入っている。

  市観光事業課のキム・テミョン課長は「国内外の若者ファンにアピールし、若さが躍動している都市・ソウルをPRするために防弾少年団に提案した」と、同曲を防弾少年団が歌うことになった背景を紹介した。作詞作曲は歌手イ・ヒョンが手掛けた。歌には韓国的な伝統と防弾少年団の個性が溶け合っているというのが市の説明だ。「I love Seoul Seoul」という歌詞が繰り返される。

  市は今後、この歌を国内外の主要行事に活用していく考えだ。防弾少年団はこの歌を国内外のコンサートで歌いながら世界にソウルを広報していく。音源はこの日午後12時以降、市の観光ホームページ(www.visitseoul.net)で無料でダウンロードすることができる。

  防弾少年団がこの歌を歌うミュージックビデオ(MV)も製作される。防弾少年団は南山(ナムサン)や清渓川(チョンゲチョン)、ソウル路7017、汝矣島(ヨイド)漢江(ハンガン)公園などでMVを撮影中だ。今月13日からYouTube(ユーチューブ)のソウル市公式アカウント(www.youtube.com/visitseoul)で視聴可能だ。

  防弾少年団はソウルの海外マーケティング広告「BTS’s Seoul Life」に出演したことで市とつながりができた。この広告はことし10月からテレビやオンラインを通じて世界およそ100カ国で上映されている。

  防弾少年団はツイッターフォロワー数が1000万人を越え、YouTube再生回数1億回のMVを10本保有するメガグループだ。先月19日には米国ロサンゼルスで開かれた「2017アメリカン・ミュージック・アワード(the American Music Award、AMAs)」に招かれてパフォーマンスを披露して大きな反響を呼んだ。

  米誌「ピープル」は防弾少年団を「世界で最も人気があるボーイズグループ」と紹介した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事